漫畫の動物の生活(1)

漫畫の動物の生活(1)1頁目 1988
漫畫の動物の生活(1)2頁目 1988


画材:製図ペン・らくがき帳(B5無地)
制作:1988年

(クリックすると大きくなります)




http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11536975457.html
《引用開始》

私が、恐らくは15歳頃に描いたと思う漫画のご紹介を
いたします。
「15歳」というのは、私の誕生日が5月24日なのですけど、
恐らく誕生日前に描いた様な記憶があるからです。
3月末頃に、漫画やイラストなどを集中的に描いていました。
春休みだからです。
月日まで記しておけば良かったですね。

15歳の頃は、色々と知らない事だらけで、
何かを作っても発表の場がよく分からない。
人の描かないものや作らないものを作ろうという意欲が
当時既にあったので、漫画雑誌の編集部に持ち込みとか、
漫画賞に応募しようとかはしませんでした。

理解されないだろうと思っていましたから。
まあ、今から考えたら、単に消極的ですよね。
批評されるのを恐れていただけというか。

まあ、表現力や技術レベルの問題の批判なら
受け入れますけど、訴えたい内容に関しては絶対不動
のものなので、それを否定されたら元も子も無いという。



本題に移ります。
要するに、動物漫画のキャラクターのいでたちは、
人間とは違って、下半身裸でも全裸でも咎められないという
自由さがある事に、何だか凄い蟠り等といった拘りが
あるのですけど、早くても、15歳の頃からそう思っていた
という物的証拠であるこの絵の事をふと思い出したので、
ブログに上げてみたのです。

動物漫画・アニメにも、色々と設定の違いがあり、人間と
全く同じ服装でないといけない設定のアニメもあったりします。
例えば、通称『宮崎駿の名探偵ホームズ』
と呼ばれているものとか。

それらの設定の違い、種類については、
ブラジルのアニメ『ブリショス』の紹介記事
で詳細に述べているので、そちらをご覧下さい。

恐らくですが、小学生の頃から漠然とこの事について
思っていたのかも知れません。

今までにも、この問題を意識した物語やイラストを
描いたりしていました。例えば、
鼡の鼓笛隊長が“倫理札”でもって股間を隠しているイラスト
とか、
漫画の動物キャラクターをそのまま人間にしたらどうなるか
という実験的イラストとか、不定期連載している童話
『こぐまのハウアス』に出てくる、動物は本来裸であるとして服を着るのを拒否するアライグマの少年などです。

任天堂のコンピューターゲーム『どうぶつの森』シリーズに
登場する動物達の服装の中途半端さも、やけに気になります。
例えば『ビアンカ』の狙っているとしか思えない服装は、
一部で話題となってます。
http://ec2.images-amazon.com/images/I/61sFONddcML._SL500_AA300_.jpg

また『たぬきち』は、裸エプロンのおっさんに見えるので、
思わず「グロ注意」と言ってしまいたくなります。
http://blog-imgs-31.fc2.com/i/y/a/iyashinootaku/petitkit01.jpg
http://gonyo-gonyo.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_f89f.html

まあ、こういう問題を追及したところで、
非現実的な話であるので、単なるお遊びに過ぎないわけですが、
それでも、何か拘りますね。



因みに、(1)と出ているので、
第2弾以降も色々と考えていたのですけど、
第1話しか描いていません。
当時は、漫画を描く速度がとても遅く、
持続力が続かなかったからです。
アイデアが沢山出過ぎて混乱し、
何から手を付けて良いやら分からなかったから
というのもあります。

どういう内容なのかというと、動物漫画のツッコミ所にツッコミを
入れて皮肉るという内容です。



他にも、漫画そのもののあるあるネタ等、
漫画によくありがちなツッコミ所にツッコミをいれる
漫画も描いていました。
性格悪いですよね。

10代頃などの若い頃に描いた漫画は
まだまだいっぱいあるので、
今後も徐々に小出しにしていきたいと思います。

《引用終了》
スポンサーサイト
  1. 2013/05/24(金)|
  2. └ 初期漫画
  3. | コメント:4
<<こぐまのハウアス(第22話) 首の短いキリン | ホーム | ネズミの鼓笛隊長>>

コメント

ペットを飼う動物たち

ほのぼのとした中にも、どことなく「倒錯の世界へつながっていく匂い」が感じられる、よい作品ですね!続きを読んでみたいものです。

ところで、この記事を読んでいて思い出したのですが、擬人化動物キャラって、時々、犬とか猫をペットにしていたりしませんか(ミッキーマウスとプルートとか)?

私は、この「ペットを飼う擬人化動物キャラ」を「沼正三系ファンシーキャラ」とか、そのものズバリ「家畜人ヤプー系ファンシーキャラ」と呼んで、「健全な世界に潜む、倒錯の記号の出現」として、ひそかに注目しています。

私は「マイリトルポニー(以下MLP)」というポニーをかわいい女の子に擬人化したアメリカのアニメのファンなのですが、MLPに「アップルジャック」というリンゴ農園の跡取り娘のポニーが登場します。
このアップルジャックちゃんは、ボーダーコリーと思われるイヌを牧羊犬として「飼って」います。

また、「フラッターシャイ」という小動物のお世話をするのが得意なポニーがいて、この子はウサギを飼っています。フラッターシャイは他のポニーから「小さな動物と友達になるのが得意」とよく言われるのですが、その言葉を聞くたびに、「フラッターシャイちゃん、あんたも「動物」やがな(笑)。」といつも心の中で突っ込んでおります。

MLPに登場するポニーたちは皆、四足歩行をしているため、彼女たちが、同じ四足歩行の動物をペットにしている光景は(私にとっては)かなり強烈な違和感があります。

また、MLPの世界では「牛」が「家畜」として飼われている描写も何回か登場しています。

馬が牛を「家畜」にしています(笑)。もう完全に「沼正三の世界」です。
MLPは「家畜人ヤプー系ファンシーキャラ」の傑作でもあったんですねぇ・・・。

マイリトルポニー公式サイト↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/mylittle-pony/index2.html
  1. 2013/05/28(火) 21:29:39 |
  2. URL |
  3. 血まみれマリー #-
  4. [ 編集 ]

擬人化した動物と擬人化しない動物の同居

>ミッキーマウスとプルート
>沼正三系ファンシーキャラ
>家畜人ヤプー系ファンシーキャラ

ネズミが犬を飼っているという設定、考えても見れば凄い無茶苦茶な設定なのに、意外と誰もそのおかしさを指摘しません。
血まみれマリーさんの銘々は流石です!!
そういえば最近、石ノ森章太郎が昔描いた、家畜人ヤプー漫画版が復刻されましたよね。

>マイリトルポニー

弊ブログでも扱っている危険な童話『こぐまのハウアス』の第26話では、擬人化された犬が、擬人化されていない犬を飼っているという倒錯した世界を描いています。
http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10206862162.html

でも、四足歩行の動物が動物を飼っているという設定は、その遥か上を行くレベルで、流石の私も思いつきませんでした。
子供達は、何の違和感も抱かずにMLPを見るのでしょうか?
  1. 2013/05/29(水) 19:58:13 |
  2. URL |
  3. 大塚 聰 #-
  4. [ 編集 ]

ネコがネコを飼うというのもあります

「家畜人ヤプー系ファンシー」、やはりハウアスでも取り上げていましたか。大塚さんがいかにも好きそうなネタですもんね(笑)。

「家畜人ヤプー」、確か、江川達也も漫画化してたような記憶があります。でもまあ、やはり原作がいちばん面白いのでしょう。

沼正三の「家畜人ヤプー」、実は読破したことがありません。文庫本で全巻持っているのですが、1巻の途中で止まっています。でも、このエントリを読んでいるうちに、読破したくなりました。

MLPは、いろいろと日本人の常識をブチ破ってくれるアニメ(笑)なので、一度観てみてください。

ヤプー系といえば、サンリオの「チャーミーキティ」も凄いです。チャーミーはキティちゃんが飼っている「」ネコ(!)」なのですが、「キティちゃんと同じ顔」で四足歩行の猫として描写されています。ネコ奴隷です。倫理的に問題ありありです。よく企画が通ったな、と思います。
  1. 2013/05/31(金) 16:44:36 |
  2. URL |
  3. 血まみれマリー #-
  4. [ 編集 ]

ホラー漫画『ペットが自分と同じ顔』

×銘々
〇命名

>江川達也版ヤプー

そういえば、コレもありましたよね。
でも、見て無いのです。
見比べてみようかな。

何と、ヤプー全巻持ってるのですか?
読破しないと勿体無いですよ~!!

>チャーミーキティ

そうそう、コレもありましたよね。
私がやってるみたいなネタじゃなく、
擬人化猫が擬人化されない猫を飼うという設定を真面目に商品にしているという。
で、殆どの人が、違和感を感じずに、素直に「可愛い」といって愉しむわけですな。

私みたいな「それって何か違和感」みたいな(王様は裸だ的な)事を言うヤツは、
「空気読め」「自分の頭の良さをひけらかしてる」みたいに白眼視されるわけですよ。

別に私は頭は良くありません。
ものの見方がおかしいだけです。

>ネコ奴隷

キティちゃんを人間にしたら、チャーミーキティはさしずめ、
人間の顔のペットという感じになりますよね。
想像してみたら、恐ろしくも爆笑ものの光景が・・・。

ホラー漫画のネタになりますよね。
  1. 2013/06/02(日) 19:35:59 |
  2. URL |
  3. 大塚 聰 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する