スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

被虐的非暴力戰士・怪獸マゾラくん①戰はずして勝つの卷

被虐的非暴力戦士・怪獣マゾラくん (1)2011.5.29

キャラクターデザイン:1987年
案:1990年代前半~中盤頃
画材:同人漫画用原稿用紙(A4)・製図ペン・アクリル絵具
完成:2011年5月29日
※画像をクリックすると大きくなります


面倒臭いので、本家ブログの文章をほぼそのまま引用します。

●マゾラくん誕生の経緯
小学校5年生頃だったと思いますが、
現在はタイムズスクエアとなっている
新宿駅南口附近は、当時空き地があったと思います。
『CATS』(劇団四季)の公演用テントもあった様な気もするんですが
(余り憶えていない)、それはともかく、
その年の夏に恐竜展が開かれていたんですね。
で、その時会場に、子供たちが描いた恐竜のイラストが
ズラッと貼られていたんです。
それを見て「オリジナルの漫画の怪獣をデザインしなければ」
という思いが、強烈に湧いてきたんです!!


で、苦心の末、15歳の時にやっと今のマゾラくんの原型を
デザイン出来たわけです。
しかし、夏休みの宿題帳だったものですから、
直ぐに消してしまいました。
なので、記念すべき第1号は現存しません。


翌年の1988年、『漫畫の癡態』(1)(1988年3月7日~8日)
という漫画を描きました。
漫画によくありがちな突っ込み所を突っ込むという
身も蓋も無いシリーズです。
結局その第1話しか描いていないんですけど、
そこに出てくるヘソ出しの少年がマゾラくんにソックリだったので、
後に『怪獣に変身する前の人間の時の姿』という
設定にしました。
また、「ですます調」で喋るという設定も、この時決めました。


最初は中々名前が考え付かず、
適当に「自分はアジア人だから”アジラ”にしよう」
とか、全くもって説得力の無い名前を適当に付けていましたけど、
しっくり来る名前を思いつくまでの暫定的な名前としていました。
又、初めにキャラありきなので、どういう内容設定にすべきかでも
悩みました。
最初は単純に、藤子不二雄の漫画みたいに、
一般家庭に居候みたいな設定にしていました。
でもそれだと、在り来たりで面白くない。


で、何年かははっきりと憶えていませんが、
1990年代前半~中盤頃に、
「マゾラくんは、通常は”痛い”と感じ取ってしまう刺激を
”快楽”として感じ取ってしまう『特異体質』の持ち主である上に、
基本的に肉体は無敵」

という設定を思いついたため、
今回漫画に描いた様な内容もその時に思いつきました。
つまり、
「こちらからは一切手を出さず、相手に一方的に攻撃をさせ、
被虐的快楽振りを見せ付けて、
相手を気色悪がらせて戦意を喪失させて、
非暴力的に勝利する」

というアイデアです。
これは、今現在でも誰も思いついていない
画期的なアイデアだと思います。


ブログで初めてマゾラくんを紹介した時 にも
そういう解説をしましたけど、
言葉で説明しただけではやはりダメで、
実際に描かないと説得力がありません。


『マゾラ』という名前は、
この時に自動的に思いついたんだと思います。
人間の時の名前は『マゾ太』です。
ちょっと言い辛い、ちょっとゴロ悪い名前ですが、
”マゾ”ですからいいんです!!


このアイデアを思いつく以前に
「心優しく絶対に怒らず暴力も振るわない」
「どんなに攻撃されても無敵」
という設定を考えていたので、
恐らくそこからアイデアが発展したのだと思います。


マゾラくんには他にも
「オカマくさい仕草だけど実は完全ノンケの上に女癖が悪い」
という設定を与えています。
深い理由は無いのですが、
こういった矛盾する性格設定が何だか面白いと思ったので。


『マゾラ』くんには他に4人の仲間がいるんですが、
それは別の機会に紹介します。


●こだわり
時代設定は、1970年代~1980年代頃という事にしています。
警官も含めた、人々の服装を見れば分かります。
あの”昭和末期”頃の雰囲気が好きだからです。
怪獣というのも、如何にも”昭和”って感じですし。

私の描く他の漫画でも、今風のファッション
(脛が見えるローライズズボン、腰パン、ハーフパンツ等)
を出しません。
特別それを意識した内容の時だけ今風ファッションを出します
(シャレでB系ファッションのカツオくんを描いた事がある )。
どうも、自然体には程遠い無理矢理感溢れる
今時のファッションが好きになれない。
●マゾラくんと同じ設定、ないし、近い設定を探せ!!
他に同じアイデアがあるのかどうか調べてみましたけど、
それそのものは見つかりませんでした。
もし既に存在していたとして、
それをパクッたと誤解されるのは癪ですから。

まあ、ほんのちょっと近いのはありますね。
例えば『すごいよ!!マサルさん』の”セクシーコマンドー”とか。
只、こちらはあくまで暴力は使わずに相手の戦意を喪失させるという違いがあります。

それから、何と言うアニメの第何話か不明ですが、
確か1970年代のヒーローアニメで、
攻撃を受ければ受ける程強くなる、或いは、
受けた攻撃をエネルギーとして蓄えてしまうという敵キャラが
出てきたという記憶があります。
それが最も近いでしょう。


引用終了

被虐的非暴力戦士・怪獣マゾラくん①戦わずして勝つの巻
スポンサーサイト
  1. 2011/11/28(月)|
  2. ┌ へんたいかいじゅうマゾラくん(漫画)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。