スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

こぐまのハウアス(第14話) にくをつかわないにくりょうり

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10057804778.html
2007年11月30日

《転載開始》

脳内厚生労働省変態児童福祉審議会

推薦 重要文化財

変態児童文学者協会書記長(会長)

脳内人間宇宙宝 大塚 聰


こぐまのハウアス
Hours the Little Bear!


じゅうよんこめのおはなし

肉を使わない肉料理(第14話)こぐまのハウアス 2007.11.30

ハウアス:やあ、ミルコにピゴ!!

ミルコ:おう!

ピゴ:やあ!

ミルコ:ぜんかいやすみやがって!
しんぱいしてたぞ!!

ハウアス:ちょっとさあ、きゅうようをとってたんだよ。
こころの。

ミルコ:こころの?

ハウアス:なんかさあ、ここのブログのかんりにん、
いろいろとむちゃするからさあ。

・・・みょうにさあ、
「じょうしき」にたてつくことばかりしてるじゃん。
「タブー」にもふれようとするじゃん。

ミルコ:うん。

ハウアス:ついてかれなくてさあ。

ミルコ:たしかに、あぶないはしわたってるってかんじはするな。

ハウアス:なんかあってもさあ、
トバッチリはいやだぜ!!

ミルコ:ワンパクでもなやむんだ?

ハウアス:そうだよ。
ふんいきで「なやみなんてねえぜ~!!」っておもわれたくないね。

・・・っと、ぐちはそのへんまでにしてさあ、
きみたちにろうほうだよ!!

ミルコ:なんだい?

ピゴ:なあに?

ハウアス:「おからこんにゃく」って
しってる?


ミルコ:なんだい、そりゃ?

ハウアス:「にく」みたいな
「あじ」なんだって。

http://www.onikumitai.net/
http://www.okara-konnyaku.com/
http://www.deats.com/index.htm
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/kikaku/032/5.htm
http://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t/e/cfda2160370d402656f4eeb22bdb349c

ミルコ:こ、これって、まさか・・・!!

ハウアス:「かくめいてき」だろ!!

ミルコ:おいッ、ピゴッ!!
おれたちの「どうほう」(同胞)が、
しょうらいくわれなくてもすむかもしれねえぞ!!

ピゴ:うわあい!!やったあ~!!

ハウアス:「どうぶつ」にとっては
「ノーベルへいわしょう」ものだろ!!!!!
「ぐうぜん」にできたんだって。
「ぐうぜん」で「ノーベルかがく(化学)しょう」をとった
田中耕一みたいだろ!!!!!


ミルコ:・・・うれしいはなしだけどさ。

ハウアス:どうした?

ミルコ:「しょくにくぎょうしゃ」ににらまれるネタだよな。

ハウアス:だから?

ミルコ:いつもみたいに、ちょっとヤバいノリのネタってかんじがする。

ハウアス:まあ、びみょうだな。
そんなにみのきけんにさらされるようなネタではないな。

てか、なんでそんなことでしんぱいするの?
きみにとっては、「しょくにくぎょうしゃ」は「てき」でしょ?

ミルコ:「てんてき」だからさあ、ちょっとブルっちゃって!!

それはともかく、おれとしては、メディアにもっととりあげてもらいたい。
りゅうこうしたとしても、いっかせいのブームでおわらせたくはないね。

せかいじゅうの、にくのくいたいやつら!!!!!
くいたければ、「おからこんにゃく」をくえ!!!!!

ハウアス:まあ、ミルコやピゴにとっては、せつじつなもんだいだからな。





母と子で唄う子供の歌コーナー
CD持ってます。
今、「アナル番長」はどうしてんでしょうか?

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1382030
http://www.nicovideo.jp/watch/sm295074

《転載終了》

HOURS the Little Bear!
画材:製図ペン・色鉛筆・コピー用紙(A4)
作画:2007年11月30日


第13話で捕鯨について取り上げたのが切っ掛けで、
食肉の問題についても触れる事になったわけですが、
たまたまほぼ同時期肉を使わない肉というのを知ったので、
童話のネタとして使わせていただきました。

『おからこんにゃく』というそうで、味がカルビに似ているとか。
「肉を食べるのは残酷的で嫌だけど、
肉の味そのものは大好きで、食べたくてしょうがない」という、
とっても贅沢な(?)悩みが思いついた切っ掛けだとか。
これは、ノーベル賞ものかも?
カネ久 越後屋商店
http://www.onikumitai.net/
リカロ倶楽部
http://www.okara-konnyaku.com/
【5】 おからコンニャク開発 岡田哲子(50)(藤崎町)
(YOMIURI ONLINE)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/kikaku/032/5.htm

「そうまでして喰いたいなら肉食えばいいじゃん」
という批判の声も聞こえてきますが、
畜産業は飼料を大量に必要とするので、
食料不足や自然環境への負担に繋がると思うので、
こういった試みは悪い事ではないと思います。
少なくとも、畜産業者以外の人には迷惑を掛けない。

今改めて、他にも『肉を使わない肉料理』を探し出してみました。

肉を使わないおからハンバーグ
http://さいたまグルメ.com/blog/?p=3181
肉なし肉じゃが
http://cookpad.com/recipe/336150
お肉を使わない肉料理ランチ
http://portal.nifty.com/koneta04/11/27/01/
大豆や雑穀でつくる お肉を使わない”お肉”のおかず
(タツミムック)

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4777809978.html

母と子で唄う子供の歌コーナー
ドナドナ~人身売買~
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金)|
  2. ├ 童話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。