スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

こぐまのハウアス(第4~5話) こどもってそういうもの サケさんごめんね

母と子で見るほのぼの童話教育!!





こぐまのハウアス(第4~5話)2007.10.12





Hours the Little Bear!





よっつめのおはなし

ママは、リビングで、しんこくそうなかおをしながら、
ハウアスをまっていました。


ハウアス:なあに?ママ。なんかよう?

ママ:ちょっと・・・、これはなに?

ハウアス:あっ、それ、ぼくの!!!!!

ママ!!
かってにぼくのへやのひきだし
あけたね!!!!!?


どうしてそういうことすんの!!?
ママもプライバシー
しんがいされたらヤでしょ!!?


ママ:ママはほんとになさけないよ。
どうしてそういうこにそだったのかしらねえ・・・。
ママはそういうこにそだてたおぼえはないよ!!

ハウアス:ただぼくは、
めざめるのがはやかっただけだよ!!
とってもけんこうなしょうこだよ!!


ママ:これ、どこでてにいれたんだい?

ハウアス:ひろった。

ママ:きたないじゃないのよ!!
・・・って、そういうもんだいじゃないのよ。

このことはパパにいっておきますからね。
とりあえずこれはあずかっておきます。
まあ、なにこれ!!いやらしい!!!!!

ハウアス:あ~ん、ぼくのエロほん
かえしてよ~!!!!!


こどもってそういうもの(第4話)こぐまのハウアス 2007.10.12

ってか、なんでエロほんににんげんがでているんでしょうね?
ふつう、ケモキャラがでてくるんじゃないかとおもうのですが・・・、

というのはさておき、
よるになって、パパがしごとからかえってきました。
そして、ママがハウアスを、リビングにまたよびました。


ママ:ねえパパ、ハウアスったら、こういうのをかくしてたんですよ!!

パパ:う~ん・・・。このくらいはおおめにみてやったらどうだ?

ママ:えっ?じょうだんじゃないわよ!!
あなたはいつもそうやってあまやかす!!
だからこんなふうになったんじゃない!!!?

パパ:べつに、ひとさまにめいわくかけたわけじゃないだろ?
パパもこどものころ、エロほんをおやにかくれてよんださ!!
けんこうなしょうこだよ!!
それでべつになんももんだいなくおとなになったからね。

せいはんざいをおかすやつは、
もともとそういうせいしつをもってたってだけだろ?

ハウアス:ねっ、いったでしょ?
ぼくはけんこうなんだよ!!

ママ:・・・・・・・・・・。

パパ:パパはおまえがけんこうにそだっていてうれしいぞ!!
ほら、かえすぞ!!

ハウアス:パパぁ、ありがとう!!

ママ:フン、もうしらないから!!

パパ:まあ、そうおこるな。おまえのきもちもよくわかる。
でもパパはおとこだから、
おなじおとこであるこいつのことがよくわかるのさ。

ハウアス:ママ・・・、ごめんね。

パパ:なんだ?おまえがあやまることないだろ?

ママ:・・・このこったら・・・。


そしてママは、ハウアスをおもいっきりだきしめました。
なんだかよくわかりません。






いつつめのおはなし

ハウアスは、テレビをみていました。

テレビのこえ:「さけ」は、さんらんのじきになると、
うまれたかわにもどってきます。

きずつきながらも、
とちゅうで「くま」におそわれながらも、
ひっしでかわをさかのぼってゆきます。

そして、ぶじにさんらんばしょへたどりつくと、
おすとめすがならんで、
めすのうんだたまごに、
おすがあかちゃんのもとである「せいし」をかけます。

さんらんがおわると、そのままちからつきてしんでしまいます。
そうして、つぎのせだいへバトンタッチするのです。

ハウアス:うう、「さけ」ってたいへんなんだなあ。

ハウアスは、かんどうのあまり、
なみだがちょっぴりでてしまいました。
しばらくすると、パパがかえってきました。


パパ:おうい、いまかえったぞ!!

ママ:あなた、おかえりなさい。

ハウアス:パパ、おかえり!!

パパ:いやあ、じょうものの「さけ」がつれたよ!!

ハウアス:えっ!?
そういえば、パパはつりにいってたんだっけ。


サケさんごめんね(第5話-1)こぐまのハウアス 2007.10.12

ママ:さあ、こんやのごちそうは「さけ」よ!!

パパ:ハウアス、おまえ「さけ」すきだろ?
・・・どうした?そんなしんこくなかおして。
しょくよくないのか?

ハウアス:うーん・・・。

そして、ゆうしょくのじかん。

パパ:うまいなあ、この「さけ」は!!
つったかいがあったよ。
・・・おい、ハウアス、どうした?たべないのか?
おまえのだいこうぶつだぞ!!

ハウアスは、うつむいたまま、たべようとしません。

ママ:どこかぐあいでもわるいの?
このこ、おいしゃさんにつれていったほうがいいんじゃない?

ハウアス:・・・そんなんじゃないよ。

パパ:ならどうしたんだ?

ハウアス:さっきテレビで「さけ」のことがやってたんだけど、
それみたら、かわいそうっておもっちゃって・・・。

パパ:そんなこといったってなあ・・・。

ママ:いずれにしても、
いきものをころしてたべなきゃ、
こっちがいきていかれないのよ!!


ハウアス:ぼく、
やさいとか、きのみとかだけたべるようにするよ。
そのほうが、あまりざんこくてきじゃないでしょ?

パパ:こまったやつだ。

いいかい、
とりあえずは、めのまえの「さけ」はもうしんでるんだから、
たべてあげろ。
それがこの「さけ」のためになる。

たべずにくさらせたら、
よけいこの「さけ」にもうしわけがたたないだろ!?

この「さけ」のぶんも、
いきてあげるきもちをもて!!

ハウアス:・・・うん・・・。
・・・ごめんね、「さけ」さん。ううっ、ごめんね!!


サケさんごめんね(第5話-2)こぐまのハウアス 2007.10.12

そしてハウアスは、なみだやはなみずをたらしながら、
「さけ」のまるやきをたべはじめたのでした。


ママ:あなた・・・。

パパ:こいつはとってもこころがやさしいんだよ。
おれたちにとって、ほこれることじゃないか!!
こんないいむすこをもって、しあわせだよ。






おかあさまへ
(この童話の作者は、
別に、この物語を通して、人々に)
訴えたい事が、
何もないんです!!!!!
(by鳥肌実)


童話upしてすぐに、ニコ動でこんなのをみつけました。↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm75998

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1090431

母と子と2人で見ましょう(グロ注意)。

《転載終了》
Hours the Little Bear!
画材:製図ペン・色鉛筆・コピー用紙(A4)
作画:2007年10月12日






童話そのものをパロディするために書いた、
身も蓋も無い『似非童話』『似非児童文学』。

2007年10月12日に制作し、その日の内に
本家ブログ『妄想印象派』で発表した似非童話。






●こどもってそういうもの(よっつめのおはなし) - 解説
とってもマセてる小熊のハウアスは、
エロ本を自分の部屋に大事に隠していましたが、
とうとうママに見つかってしまいました。
さて、どうなります事やら・・・。
何故、エロ本に出ているのが熊などの動物ではなく
人間なのかは、謎、という事で・・・。






●サケさんごめんね(いつつめのおはなし) - 解説
テレビで、鮭の一生を紹介するドキュメンタリー番組が
放映されているのを見たハウアスは感動しましたが、
聊か感情移入し過ぎてしまい、パパが川で取ってきた鮭を、
可哀想だと思って食べるのに抵抗感を抱いてしまいました。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/22(日)|
  2. ├ 童話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。