耳なが兎一(「私の小泉八雲怪談展」出品作)

※既に終了している展覧会の出品作品です。

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11930222648.html
2014年9月26日

《転載開始》

前回の【告知】「私の小泉八雲怪談展」に出品します!!
という記事で述べていた作品の画像を、公開します。


耳なが兎一 2 2014‐9-22.jpg

耳なが兎一(みみながといち)
画材:アクリル絵具・ケントボード(B4)
完成:2014年9月22日


完成したのが実は搬入の日でして、
しかも搬入に出かける直前まで描いていました。
まさに「予告通り」ギリギリの完成でした。

いつもながら、余裕をもって完成させたいとは思っているのですけれど、
かなり締め切りが差し迫るまで、中々出てこないのです。

写メーで一生懸命撮ったのですが、画像が少しぼやけてしまっています。

完成するまではどんな感じになるのか余り予想は出来なかったのですけど、
予告通りの「分かりやすくて変」という感じには描けているかも知れません。

しかし、前回の記事で述べていた「型破り」という感じでは無い気はします。

立体的な絵に、大和絵風の雲、浮世絵風の暈しなど、
色々とメチャクチャやってみたと思ったのですけれど、
完成してみれば、意外とそうには見えないという・・・。

現代美術の世界では、この手の「和風」と「SF」の組み合わせというのは、
結構あるのではないかと思うからです。

思いつくのだけでも、山口晃さんとかいますし。






今回の作品は「耳なし芳一」のパロディなので、それに因んで、
作中のビルの外壁に「般若心経」をビッシリ書き込むという事をしました。

特に、右下の茶色の建物は、異様さが上手く出ているかも知れません。

大規模な美術作品には、建物の外壁に大きく絵を描くものがありますけど、
建物の外壁に文字を埋め尽くした現代美術作品というのはあるのでしょうか?

私は見た事がありません。
古代遺跡とかで、もしかしたらあるのかも知れませんが。

もし存在するのであれば、教えて戴きたいところです。
もし存在しないのであれば、この作品が元祖という事にはなるのですけど、
世の中は広いので、既に誰かがやっていそうな気はします。






因みに、葉っぱの一枚一枚や、ベンチにも、般若心経を書いています。

本当は、地面にも般若心経を書き込みたかったのですけれど、
時間がありませんでした。






作品の要素としては、モビルスーツ風の武士とか、漫画風のウサギなど、
SF長編アニメーションのポスターっぽい感じにはなっていると思うので、
子供受けするのではないかと思います。

「武者ガンダム」というのが既にあるので、
武者風ロボットというのは別に珍しくありませんが。

この作品が切っ掛けで、
子どもたちの間で小泉八雲が好きになる人が増えたら、
とか、在り得ない妄想が湧きました(笑)。






兎一は、芳一と同様盲目という設定ですが、
彼の掛けている特殊ゴーグルによって、
位置が割り出せているという設定です。

どういうメカニズムなのか、そこまでは考えていませんでしたけど、
この文章を書いているたった今思いついたメカニズムを説明します。

ゴーグルの向いている方向のイメージを機械が取り入れ、
その様子を脳内に電気信号を送って、自分の目の前の光景を、
脳内でイメージさせるという構造です。

つまり、実在しないものをあるかの様に見せる、
ヴァーチャル・リアリティ(仮想現実)とは真逆で、
実際に存在するモノを、脳内への電気信号によって、
目の見えない人が見えている様にするためのゴーグルです!!

機械的に見せてはいるのですけれど、
実際にそこにはイメージ通りのものがあるので、
見えている光景と、近似(二アリーイコール)、という。

なので、ロボット武者が追ってくるのが分かるという。

実現できたらいいですけど、あくまで私の「妄想」に過ぎないので・・・(笑)。

こんな関連記事を見つけました↓

目のサイボーグ化による失明治療が世界で初めて成功!!
盲目の男性がマイクロチップを眼球に埋め込むことで
10年ぶりに見ることができるように!!

http://commonpost.boo.jp/?p=34619




こっちの方がいいなァ。

果たして兎一は、
無事ロボット武者の魔の手から逃げ遂せる事ができるでしょうか?






展覧会は29日までですので、興味が湧いた方は、
是非ともご来場くださいませ!!


私の小泉八雲怪談展
GALLERY Korokoro
【会期】
9月24日(水)~9月29日(月)
【時間】
12:00~19:00(最終日17:00まで)
場所:東京都新宿区若松町35-15

http://d-korokoro.com/schedule.html





【追記】
ブロ友さんの1人であるlalasuさんが、この展覧会に来てくれました!!

その時の感想を、コチラに書いてくれました↓

http://ameblo.jp/lalasu/entry-11931901524.html

とっても嬉しかったです!!

ブロ友さんは、大切にしたいですね!!

今後も、弊ブログの読者の皆様方のために、
更に精進し頑張って参りたいと思います!!


《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2016/10/10(月)|
  2. ┌ オリジナルアート