【絵画】ニシキイルカシリーズ(The Brocade Dolphin Series)(再掲)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12060926118.html
2015年8月12日

《転載開始》

錦イルカ 羅須園にて 2010-11-17.jpg

錦海豚飛翔圖 - 羅須園にて(習作)
The Jumping Brocade Dolphin, Nishiki Iruka at Lasu-en, Study

画材:アクリル絵具・ケント紙(B5)
完成:2010年11月17日


《初出記事》
錦海豚飛翔圖-羅須園にて(ニシキイルカシリーズ・習作)2010.11.17

今まで描いてきた「錦イルカ」のシリーズを、一堂に並べてみました。

「錦イルカ」は、私のライフワークの一つともなっており、
今後も色んなバリエーションを作ろうと思っております。

今回久々に「錦イルカ」を出した理由と言うのは、
弊ブログの読者で「錦イルカ」をご存知でない方も
おられるであろうという配慮も確かにあるのですが、
錦イルカのスピンオフの新作を、現在鋭意制作中だからです。

今月には完成させるつもりですが・・・。

想像力やユーモア、好奇心は、
人間にとって大切なものだと思っております。

何やら世の中がおかしくなって来ていると感じる、
今日この頃ではありますが、そんな世の中を、
現実をしっかりと見据え、しかるべき行動をとりながら、
面白おかしく笑い飛ばしましょう!!

私は、明るい未来を信じています!!


錦イルカ 2010.jpg

ニシキイルカ:錦海豚(習作)
The Brocade Dolphin, Nishiki Iruka, Study

画材:アクリル絵具:ケント紙(B5)
完成:2010年8月18日


《初出記事》
錦イルカ(習作)(2010.8.18)常識への接し方シリーズ

本当は、こちらが一番最初の作品なんですけど、
試行錯誤中の作品の上、
トップに出すには余り相応しくないと思ったので、
(左のイルカの柄が余りよろしくない)
2番目に出しました。


錦イルカ 餌付け圖 2011-4-16.JPG

錦海豚 - 餌付け圖(習作)
Feeding to the Brocade Dolphin, Study

画材:アクリル・ケント紙(B5)
制作:2010~2011年4月16日


《初出記事》
錦イルカ-餌付け圖(ニシキイルカシリーズ・習作)2010-2011.4.16

色々と納得の行かない部分があり、余り出来が良いとは思えません。

まあ、見た事もない光景を写実的に描く訳ですから、
しょうがないと言えばしょうがないですけど。

同年、F100号の作品にもチャレンジしましたが、
未完成の上に、こちらも上手く行かず失敗。


錦海豚 - 餌付け圖(F100号版)(未完)2011.jpg

錦海豚 - 餌付け圖(F100号版)(未完)
Feeding to the Brocade Dolphin, F100, Unfinished

画材:アクリル・キャンバス(F100)
制作:2011年~未完


この作品、一から描き直すために塗り潰してしまいました。

「納得が行かないと思ったら妥協をしない」
という姿勢は大事だと思っております。

見抜く目を持つ人は、ちゃんと見抜いているのです。

誤魔化しはできません!!


錦海豚-三翔圖 2013-2-5 習作.jpg

錦海豚 - 三翔圖(習作)
Jumping Three Brocade Dolphin, Study

画材:アクリル・ケント紙(B5)
完成:2013年2月5日


《初出記事》
錦海豚-三翔圖(2013)習作

背景無しですが、
我ながら何とか人に見せられるものを作れたかな?
と思いました。


錦海豚-三翔圖(2013)未完.jpg

錦海豚 - 三翔圖(P100号版)(未完)
Jumping Three Brocade Dolphin, P100, Unfinished

画材:アクリル・キャンバス(P100)
制作:2013年


「青い錦イルカ」は、こちらの方が上手く描けていると思います。

錦海豚 - 雙游圖 F50 2013年.jpg

錦海豚 - 雙游圖
Twin Swimming Brocade Dolphin

画材:アクリル・キャンバス(F50)
制作:2013年


《初出記事》
雙游圖 - 錦海豚(ニシキイルカ)

時間が無かったので、背景を金色にして誤魔化しました。

よく大和絵で、
背景が金色(金箔?)になっている作品がありますけど、
一応それを意識してもいます。






とまあ、ざっとご紹介しましたが、
納得の行く作品は未だ作れていません。

完成度の高いものも、皆習作止まりのものです。

現在制作中のスピンオフ作品は、完成次第、
その他のスピンオフの過去作と共に、ご紹介したいと思います!!






勝手に「いわきアート宣言!!」(仮)
突然話は変わるのですが、
私は、母方が福島のいわきなのですけど、その関係もあってか、
いわきで何かアートイベントでもやっているのであれば、
協力したいという気持ちが凄く湧いております。

それまで、福島と言えば、距離的に余り近くなく、
日常生活が色々と忙しかったという事もあって、
疎遠な所がありました。

前々から気にはなっていたんですけどね。
特に、311以降は。

何らかの形で関わりたいなと。

やはり、自分のルーツの一つに向き合うのは
大切な事ではないかと思っています。

そこで、半分は、福島いわきの血が流れているという事もあり、
私がこれまで築き上げてきたアートを、
強引に「いわきアート」と名乗ってしまおうか等と、
「仮」にではありますけど、考えております。

つまり、「ニシキイルカ」も「某ブランド土方作業着」も、
皆「いわきアート」という事で(笑)。

何も、福島やいわきの文化に根ざしたものを作らなくてもよく、
只、出自がいわきをルーツとしているからというだけで、
自分の中から湧き出たものも「いわきアート」と名乗ろうという。

取り敢えず、
いわき市立美術館友の会」の会員になろうかな?

いわきアート集団」というのもあるのですが、
登録でもしようかな?
でも、サイトを見ると、27年度以降の活動報告が無いみたいで・・・。

IWAKI ART トリエンナーレ」というのもあるのですが、
2010年を最後に開催が見送られている様で・・・。
(2013年の開催は無かった様です・・・)

色々と難航していると見受けられますけど、
強引に勝手に盛り上げようかと思っています。

「勝手連」みたいな感じで(笑)。


《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2016/09/19(月)|
  2. ┌ オリジナルアート