スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

【イラスト】勝川さん風チェブラーシカ

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12136162823.html
2016年3月6日

《転載開始》

勝川風チェブラーシカ(綺麗画像)2016-3-3
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
完成:2016年3月3日


私にしては珍しく、有名ネタのパロディイラストを描きました。

最近はずっとご無沙汰なんですけども、
弊ブログを立ち上げて間もない頃、
日本では殆ど全く知られていないアニメのキャラクターと、
皆さんお馴染みのキャラやネタをコラボさせるなど色々いじった、
パロディ漫画である、

『FAN ROAD MAD』
というシリーズを描いておりました。

もう描いていないというわけではなく、単に開店休業中な感じです。
忙しいので、このシリーズを描くまで手が回らなくなっただけという。

単に思いついたから、面白いと思ったからというのの他に、
何とかして、海外のマイナーアニメを日本で有名にしたいという、
無駄な足掻きの意図も込められております。

そんな中、チェブラーシカ(Чебурашка, Cheburashka)という、
日本では“超”が付くくらいの人気キャラを、
これまた、杉浦茂の漫画をSD(スーパーデフォルメ)化した様な、
独特な絵柄で知られる、勝川克志さんが描いたらどんな風になるのか?
というのをシミュレーションしてみたのです。

ほんの数日前、勝川さんの画風で、チェブラーシカの絵って、
凄い似合っているのではないか?という事に「気付き」、
直ぐにでも形にしたいという強烈な意欲が湧いてしまい、
直ぐに描いてみました。

実は、冒頭に掲げたイラストは、2回目に描いたもので、
その1日前(3月2日)にも、習作っぽいものを描いているのです。
以下に示す絵がそれです↓


勝川風チェブラーシカ(綺麗画像) 2016-3-2
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
完成:2016年3月2日


勝川さんの絵を真似るのも、
チェブラーシカを描くのも生まれて初めてなので、
ぎこちなさがあり、色々とツッコミ所があるかとは思います。

チェブラーシカと、勝川さんの漫画を交互に見ながら、
試行錯誤をして描きました。

色々と不満があり、
その翌日の日中は仕事の関係で外出していたのですけど、
その仕事中に、冒頭に掲げた、
2回目に描いたイラストそのままのイメージが、
はっきりと頭に浮かんできたのです!!

シャープペンシルで、その浮かんだ図像を落書きしていました。

そして帰宅した後、その日の夜の内に描き上げて、
取り敢えずはTwitterに上げました。

私はよく、色々とアイデアが頭に浮かんでくるのですけど、
例えば絵の題材にしても、
イメージ(画像)が浮かんで来るというよりも、
「概念」が浮かんで来る事が殆どなので、
そのアイデアを形にするまでに凄く苦労し、時間が掛かります。

最近も「言葉の誤読」による中学生の時に浮かんだアイデアを、
まだ「習作」レベルですけど、30年掛けてやっと形にできたばかりです。

【絵画】ぼくのかんがえたかにこうせん - 習作(子どもの発想シリーズ)
2016年2月20日

しかし、今回の作品の場合は、
イメージが鮮明に浮かんできました。

そして、イメージした通りの絵も描けました。

こういった事は、初めてかも知れません。






勝川さんと言えば、昨年のエノハさんのグループ展に、
彼の作品も展示されているのを見て驚いたのですが、

「第2回 絵の葉の童画展」の訪問 その他北海道小旅行
2015年6月24日
私が彼の存在を知ったのは、確か高校生の時に読んだ、
『COMIC BOX』(ふゅーじょんぷろだくと)
という、漫画情報誌だった様な気がします。

1980年代後半に愛読していましたが、
やたらと「反原発」「脱原発」特集を組んでいたという印象があります。

当時は、「地球的規模の環境問題」がブームで、
その流れの一つとして「脱原発」運動も盛り上がっていました。

内容は余り憶えていないのですが、一番憶えているのは、
お亡くなりになる直前の手塚治虫に、
原発に反対なのかどうかを伺って、
そうであるという言質を引き出し、
見開きで笑顔の手塚さんの姿の写真を出していた頁。

残念ながら、もう手許にはありませんが・・・。






勝川さん原作のアニメ『まぼろしまぼちゃん』はよく観ていましたね。
(いやあ懐かしい~!!)

「サディスティック・ミカ・バンド」の「タイムマシンにおねがい」も、
よく憶えていますよ。

https://www.youtube.com/watch?v=YSoZ8fgsPPw






ちなみに、ロシアのアニメーションをいじったパロディ漫画には、
他にこんなのもあります↓


たぬき? Винни-Пух+ドラえもん 2008.11.20
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
完成:2008年11月20日


初出記事↓
たぬき?(Винни-Пух+ドラえもん)
2008年11月20日

前述の「FAN ROAD MAD」シリーズの一つとして描いたものです。

ロシア版『くまのプーさん』(Винни-Пух)1969年
の存在を初めて知って驚いて、描いたものです。

単純に、タヌキに似ていると思ったのです。

以下のものがそれです↓

https://www.youtube.com/watch?v=7G_fYgW5Tys


Винни-Пух
向かって右側の「ピグレット」に相当するコブタは、
「ピタチョーク」(Пятачок)と言うんですね。

「ロシア版くまプー」は、
日本でも一部で知られており、「ヴィンニ・プーフ」などと、
原音そのままの呼び方をしている方もおられます。






というわけで、ここまでにしておきますが、
最後に告知をいたします。

私は数日後から数日間、福島に旅行いたします。

名付けて、

『福島アートの旅』
です。

理由は、いわき市に身内がいるからという事の他に、
「あの日から5年」という意味合いもあります。

美術館や画廊など、美術関係施設を中心に、
色々と「この目で」観て回りたいと思います。

時間が限られているので、
訪れる事が叶わない場所もあるかとは思います。

さて、どんな出会いが待っているだろうか・・・?

今からワクワクしています!!






【追記】
綺麗な画像に差し替え(2016年4月23日)


《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2016/03/06(日)|
  2. ┌ Fan Road Mad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。