【漫画】Fan Road Mad レトロゲーム編特集!!(再掲)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12117794354.html
2016年1月15日

《転載開始》

年が明けたという事で、
テンプレート用の画像をいい加減変更しようかなと思い、
どんなデザインにしようか色々と考えていたのですが、
中々良いものが浮かばない。

予定としては当初、1月15日にテンプレートを更新すると同時に、
それに関する記事も書こうと思っていたのですが、
予定通りに行かなかったため、誤魔化す様な感じで、
過去作品の再掲をする事にしました。

次の記事を書く時には、
テンプレートの画像が出来上がっていれば良いのですが・・・。

弊ブログでは「Fan Road Mad」というシリーズを、
かなり以前に連載していました。

ご存知無い方がかなりおられると思いますので、
再掲するのはとても有意義な事だと思っています。

このシリーズは、要するに、版権ものの漫画です。

とはいうものの、ネタにするのは、
日本では殆ど誰も知らない海外のアニメだったりするので、
誰もついて来れない様なマニアックさがあります。

しかし、今回紹介するのは、
そのスピンオフ版である「レトロゲーム編」なので、
元ネタをご存知の方はおられるかもしれません。

私は、現在は足を洗っておりますが、以前はゲーマーでした。

その懐かしさから描きました。

それではご覧ください!!






ニャームコの奥さん、ニャームコのドコが良かったの? 2009.5.1
ニャームコの奥さん、ニャームコのドコが良かったの?
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
完成:2009年5月1日


《1齣目》
マッピー:とうとう観念したな 散々手間取らせやがって・・・

《2齣目》
ニャームコ:頼むダンナっ!! 見逃してくれっ!!

《3齣目》
ニャームコ:オイラのカーチャン
幼い子供沢山残して天国にイッちゃったんだぁーっ!!


《4齣目》
ニャームコ:それで 寂しさのあまり つい 万引きを・・・

《5齣目》
ミューキー1:トーチャンってば カーチャンを勝手に殺すないっ!!
カーチャン家を出てったんじゃん!!

ニャームコ:あら・・・

《6齣目》
マッピー:ゴラーッ!! 警察ナメてっと承知しねーぞ
偽証罪で更に罪重くなんからな!!


《7齣目》
ニャームコ:いずれにしても カーチャンに逃げられた寂しさで
モノ盗むように・・・・・


《8齣目》
ミューキー2:トーチャンってば カーチャンが出てったのは
トーチャンの物盗む癖のせいだろうがっ!!

ニャームコ:やべ・・・

《9齣目》
ニャームコ:バカヤロ!!
何でお前らは揃いも揃ってバカ正直ばっかなんだ!?

ミューキー3:だってぇ・・・

《10齣目》
ミュー子:立派なお屋敷に住んでると思ったら
盗品売さばいて建てた家じゃないの!!
アンタにはもう愛想が尽きました
もうやってらんないわ それじゃあね!!


《11齣目》
ニャームコ:ミュー子 お願いだ 戻ってきてくれよ~っ!!

《枠外》
寂しいから物盗むって、全く理由になってない。
<了>


というわけで、1作目は
『マッピー』(MAPPY) - NAMCO, 1983年
です。


初出記事はコチラ↓
ニャームコの奥さん、ニャームコのドコが良かったの?(MAPPY, NAMCO, 1983)
2009年5月1日

https://www.youtube.com/watch?v=3D8sQCeGF1w


盗品を取り返す為に、ニャームコ屋敷に潜入したマッピー。

所がこの屋敷は、上下階への移動はトランポリンでという、
ドリフターズのセットを彷彿とさせるシステム。

ニャームコやミューキーズに捕まらない様にして、
全ての物品を回収すると1面クリア。

因みに、「ミュー子」はオリジナルには出て来ません。
私が勝手に作ったキャラです。

ニャームコに似ていないパッチリ目のミューキーがいるので、
恐らく奥さん似なのだろうと思いました。






Bălănel şi Tails 2009.5.13
バラネルとテイルス(Bălănel şi Tails)
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
完成:2009年5月13日


《1齣目》
ソニック:あれっ そういやテイルスのヤツどこいった?
エミー・ローズ:そういやそうね

《2齣目》
クリーム・ザ・ラビット:テイルスさん あいにく風邪ひいて
寝込んじゃってるんですぅ


《3齣目》
ソニック:これからエッグマンのヤツをぶっ叩こうって時に
参ったな・・・・・

エミー:あらっ?

《4齣目》
エミー:あの子なんか 代わりが務まりそうなんじゃない?

《6齣目》
そして・・・・・
ソニック:あいつ すんげえ気合い入りまくりじゃんか!!
ウカウカしてっと お株持ってかれるぞ!!

エミー:油断できないわね

《8齣目》
テイルス:あの子誰? 何か・・・・・
ボクのポジション奪われてるっぽい・・・・・


《10齣目》
バラネル:これから『バラネルとテイルス』が始動だっ!
テイルス:えっ 何それっ!?
<了>


というわけで、
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(Sonic the Hedgehog) - SEGA, 1990年
と、
『バラネルとミャウネル』(Bălănel și Miaunel) - Animafilm, 1974年
の組み合わせネタです。


前者は超有名ですが、後者は、
ルーマニアの知る人ぞ知るアニメです。

初出記事はコチラ↓

バラネルとテイルス(Bălănel şi Miaunel+Sonic the Hedgehog)
2009年5月13日

『バラネルとミャウネル』についても、以前記事にしております↓
バラネルとミャウネル(Bălănel şi Miaunel)ルーマニアのアニメ
2008年11月13日

https://www.youtube.com/watch?v=8cr1rqVcIhA


https://www.youtube.com/watch?v=tsU_WGvJGxw


「バラネルとミャウネル」は、こんなキャラです↓
Bălănel și Miaunel
Miaunel și Bălănel - Wikipedia Română





ちゃくるんです 2009.5.16
ちゃくるんです
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
完成:2009年5月16日


《1齣目》
ちゃっくん:サア今日は ちゃっくんとバブルンの
ビッグ対談という事でね・・・


《2齣目》
ちゃっくん:でもサ バブルンは超メジャーになったけど
ボクの方はさあ、『知る人ぞ知る』だよね・・・・・


《3齣目》
バブルン:そんな事ないって!
以前タイトーのマスコット務めてたじゃん

ちゃっくん:それって落ちぶれたってコト?

《4齣目》
バブルン:バブルボブルもさあ
云わば『ちゃっくんぽっぷ2』みたいな所あるじゃん!
『ちゃっくん・・・』のキャラも出てくるし・・・・・

暴論!!

《5齣目》
ちゃっくん:でもボクはあくまで脇役っしょ?
しかも『メガブラスト』には敵キャラとして出てきて全然うれしくないし
コレはないよね!!

めたるちゃっくん?5、8面の中ボスとして登場

《6齣目》
バブルン:あっコレね
ボクも敵キャラとして出てくるよ

めたるばぶるん?7、8面の中ボスとして登場

《7齣目》
ちゃっくん: 『ちゃっくんぽっぷ2』って出さないのかなあ?
バブルン:えっ?

《8齣目》
ちゃっくん:タイトーさん!!
『ちゃっくんぽっぷ2』出してよ!! お願い!!!

バブルン:そんな ムチャな・・・・・

というわけで、
『バブルボブル』(Bubble Bobble) - TAITO, 1986年
と、
『ちゃっくんぽっぷ』(Chack'n Pop) - TAITO, 1983年
の組み合わせネタです。


初出記事はコチラ↓
ちゃくるんです(ちゃっくんぽっぷ+バブルボブル)TAITOのゲーム
2009年5月16日

https://www.youtube.com/watch?v=BuXOSBb4hQw


https://www.youtube.com/watch?v=3zGVrPT3Bls


どちらも、タイトーの可愛い路線ゲームですね。

「ちゃっくんぽっぷ」の時は小学校高学年でして、
「バブルボブル」の時は中学生でした。

「バブルボブル」は大ヒットして、
続編やスピンオフが色々と登場しました。

どういうゲームなのかは説明が面倒になったので、
Wikipediaとか映像等をご覧ください(すいません)。

因みに、「ちゃくるんです」は「伝染るんです。」に引っ掛けていますが、
特に関連性は全くなく、適当です。






ヒポポとオバQ 2008.5.19
ヒポポとオバQ
画材:アクリル絵具・ケント紙(B5)
完成:2008年5月19日


オバQ:ネエッ ボクのコト知らないのォ~!!?
え~っ ウソ~ッ!!

ヒポポ:バブルボブルばっかじゃなくってサ
たまにはボクタチのコトも思い出してヨ!!


というわけで、
『オバケのQ太郎』(藤子不二雄)
と、
『ミズバク大冒険』(Liquid Kids) - TAITO, 1990年
の組み合わせネタです。


初出記事はコチラ↓
オールドゲーム体験談 ミズバク大冒険(タイトー) 1990年
2008年5月19日

https://www.youtube.com/watch?v=RdYDOgUQp9E


https://www.youtube.com/watch?v=1f5yYpAE07A


『ミズバク大冒険』も、可愛い路線のゲームでしょうね。

私の描いたこの漫画には、
「今時の子どもたちは“オバQ”なんて知らないだろう」
という意図が込められています。

今でこそ、川崎に『藤子・F・不二雄ミュージアム』が開設されており、
リアルタイムで知らない今時の子どもたちにも、
認知されているのではないかと思いますが、
この漫画を描いた2008年当時は未だ運営されていませんでした。
(開設は2011年)

今時の子ども達は、
懐かしい服装をした藤子キャラをどう思っているのだろうか?

『ミズバク大冒険』と『オバQ』を組み合わせようと思った理由は、
単に風貌が似ているからです。

因みに、『ミズバク大冒険』は、
「みずばくだいぼうけん」と呼んでいましたが、
正式には「ミズバクアドベンチャー」と呼ぶそうです。
(Wikipediaより)

でも、シンクロニシティなのか何なのか?
私と同じ様に「みずばくだいぼうけん」と呼ぶ人の方が
多かったとか、ネットの噂が出ています。

このゲームは、アーケード版で全面クリアしました。

というわけで、記事が意外と長くなり手こずりました。

次回の記事の時こそは、
テンプレ画像を描き上げたいところです。


《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2016/01/15(金)|
  2. ├ Fan Road Mad(レトロゲーム編)