【イラスト】架空楽器・幻想楽器の演奏会(習作)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12050072839.html
2015年7月13日
《転載開始》


GIĒTS 2015.7.13


画材:アクリル絵具・ケント紙(B5)
完成:2015年7月13日


どういうわけか、数週間くらい前から、

「オリジナルの架空楽器のデザインをしたい!!」

という強烈な欲求が湧いてきたため、
何とか、それっぽいものを形に出来たかな?
という感じのものをデザインできたかな?と思いました。

私は、クラシック音楽に興味を持っていますし、
自分でも作曲したりしています。

なので、音楽は私にとって、かなり重要な要素を占めています。

とは言うものの、楽器とその構造などについては、
特に詳しいわけではありません。

とりあえず、
「ギターと竪琴を足して2で割った様な楽器」
をデザインしたいという考えが浮かんだので、
何とかそれっぽいものをデザインしました。

勿論、本当にまともに音が出る様なものを作ろう等とは思いません。

「架空楽器」ですので、あくまで絵の世界の中だけに存在する楽器です。

本当は、「架空の木管楽器」など、幾つか架空の楽器をデザインし、
アンサンブルしている様子を描いた絵を描きたいと思っていましたが、
「ギターと竪琴を足した様な楽器を奏でている奏者の絵」
の習作を描く事が精一杯でした。

「架空の楽器による演奏会の様子を描いた幻想的な絵」
を最終的に描けたらいいな、と思っています。

因みに、描いている途中から気付いたのですけど、
この楽器は“左利き用”となっていました。

私自身が左利きなので、そういうフォームに描いてしまったわけです。





私のデザインしたこの楽器には、一応名前があります。

当初は、

ギェーツ
GIĒTS


という名前を考えていました。

エレキギターの「ギュイーン」という音をイメージした感じです。
如何にも、ラトヴィア語っぽい響きかも知れません?

それを、リトアニア語っぽい響きの、

ギェータス
GIETAS


という名前に修正しました。

が、後から、どちらの呼び方でも良い、に変更しました。

関係ないですが、ラトヴィアの民族楽器とか私は好きですね。





そこでふと思ったのは、
「ギターと竪琴を掛け合わせた様な楽器」
というのは既にありそうな気がするな、

という事でした。

なので、本当に存在するのかどうか、調べてみました。

2008 Duane Noble Harp Guitar - Harp Guitar Music
2008 Duane Noble Harp Guitar

ハープ・ギター
Harp Guitar

というのがあるみたいですね。

YouTubeに解説の映像が出ています。
https://www.youtube.com/watch?v=9CwuTBqGNu0






更に、私がデザインした「ギェーツ」に近いデザインの楽器が
存在するのかどうかも調べてみました。

Swedish lute - Wikipedia English
Svensk luta

スウェーデン・リュート
Svensk Luta

が最も近いと思います。





風変わりなギターの数々を紹介した頁です↓
強烈なデザインの変態ギター43本、計り知れないインパクトに
Quad Guitar

画像に出ている、染色体の様なX型のギターは、
マイケル・アンジェロ(Michael Angelo Batio)の発明した、
クアッド・ギター
Quad Guitar

だそうですが、それにしても、よく作りますわぁ~!!

てか、一体どうやって演奏するのですか?

《転載終了》

当ブログは基本的に、画像は自作品のみのものを出す方針ですが、
特に出しても問題無さそうと思われる画像は、
例外的に掲載する事にしています。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/13(月)|
  2. ├ イラスト