“耐熱性雪だるま”あらわる!!(絵随筆その4)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11655031130.html
2013年10月27日

《転載開始》

絵随筆第4回 2013/10/27

画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
完成:2013年10月27日


8月に伊計島と男木島に旅行した時、
暇な時を見計らって漫画を描いていたと以前書きましたが
(憶えている人は多分いないと思いますが)、
その時に描いていた漫画というのが、コレです。

旅行記というのでも何でもありません。
というか、随筆ですらありません。

とにかく、自分が、
絵随筆シリーズに組み入れたいと思ったから
組み入れたというだけ。

実質カンタータなのに交響曲第2番『讃歌』と名付けた様な、
実質ヴァイオリン協奏曲なのに
『スペイン交響曲』と名付けた様な感じでしょうか?
(多分違う)




アイデアについては、実は、結構前に思いついています。
はっきりとは憶えていませんが、
2~3年くらい前だったと思います。

思いつくにあたっては、
何かを見たのが切っ掛けなのかどうかも、
はっきりとは憶えていませんが、
「多分」というのはあります。

未だ弊ブログで紹介していないのですけど、
フランスに『バリ』(Bali)というアニメがあります。
(バリ島とは無関係)
そのアニメに、サングラスを掛けた雪だるまが
登場したのですけど、
多分、それを見たのが切っ掛けかも知れません。


アツすぎるゥ~!!の巻き(Il fait trop chaud!)
http://www.youtube.com/watch?v=NC2uRhYvAcE


Bali et Snow-Man

何故かヘソ出し!!
ヘソ出しの雪だるまなんて、この時初めて見ました。

こういうのって、何て言うのでしょう?
『ケモショタ』ではないですよね?
無生物ですから『モノショタ』とでも言うのですか?
新たな概念の誕生か?
(調べてみたら、既に「モノショタ」という言葉が作られていました)
でも、玄田哲章系のおじさんキャラではないですか!!
よく分かりません。

まあ少なくとも、“耐熱性雪だるま”をデザインをする上では、
この“ヘソ出し雪だるま”から大きな影響は受けています。
なので、アイデアそのものも、
この話を見たのが切っ掛けかも知れません。

いずれにしても、『謎の耐熱性雪だるま』の正体とは、
一体何なんでしょうか?
彼自身は、“軽石説”を否定しています。

ゼオライト(沸石)でしょうか?

実を言えば、その先を全く考えていないんですけどね・・・。
思いついたら、続編でも描こうかと思いますが。


《転載終了》



【追記】2016年4月2日
フランスのアニメ「バリ」に登場する、
「ヘソ出し雪だるま」の画像を追加。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/27(日)|
  2. 絵随筆