【イラスト】獅貘象(しばくぞう) - 異端妖怪画シリーズ

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12268376127.html
2017年4月24日

《転載開始》

獅貘象 2017-4-22修正版.jpg
画材:アクリル絵具・ケントボード(A4)
完成:2017年4月22日
修正:2017年5月5日


2017年5月6日(土)開催の「コミティア120」出品ポスカ用に描いたのですが、
大胆な色遣いとか、炎と化したタテガミ、鼻、尻尾が渦巻いている感じとか、
色々と工夫はしました。

「ライオン」と「バク」と「ゾウ」を掛け合わせた幻獣という設定で、
「獅貘象」と書いて「しばくぞう」と読みますが、
何か、暴走族の当て字(夜露死苦、とか)みたいな恥ずかしさはあります(笑)。

念のため言っておきますが、某「しばき隊」とは全くもって無関係です!!

でも、
「イジメ防止キャンペーン」か何かのマスコットとして使えそうな気はします。

「イジメをするヤツは獅貘象がしばくぞう!!」とか。

いやいや、暴力はいけません!!

暴力反対です!!

でも確かに、こんなのに凄まれたら、チビリそうです!!

彼には是非とも、正義を守る守護神の一人として…、とか、
色々と妄想してしまいました。

そんなわけで、「コミティア120」も刻一刻と迫って参りました!!

色々とやる事満載で、果たして間に合うのかどうか心配ではありますが、
何とか頑張ろうと思います。


前回の記事で紹介した「カワウソ妖怪の奔斗くん」についてですが、
コレもポスカにしてコミティア120に出したいと思っています。
しかし、もし間に合わなければ、獅貘象を優先的にポスカにします。

奔斗くんは元々「絵の葉の童画展」に出品したい作品として描いたものなので。


奔斗くんと川のヌシ(修正版) 2017-4-12-16.jpg

【追記】2017/4/27
そういえば今年は、私が「ノルウェーの水木しげる」と勝手に名付けている、
テオドール・セヴェリン・キッテルセン
(Theodor Severin Kittelsen, 1857 - 1914)
の、生誕160周年でした。

実は数日前に、Twitterでその事を呟いていたのでした。


Kittelsen_1.jpg
Twitter

Kittelsen_2.jpg

Kittelsen_3.jpg

Kittelsen_4.jpg

Kittelsen_5.jpg
MONSTER BRAINS: Theodor Kittelsen

Kittelsen_6.jpg

Kittelsen_7.jpg
テオドール・キッテルセン - Wikipedia

4月27日をもって、生誕160年を迎えたのです。

キッテルセンについては、
以前にも弊ブログで度々触れていましたが、
本格的な紹介は未だしていませんでした。

2014年は「没後100周年」でしたが、その時うっかり紹介しそびれていました。

でも今は、私自身が妖怪絵のシリーズを描いているという事もあり、
本格的に目を向けています。

妖怪文化は、日本だけでなく、国際的にも盛り上げたいですねェ!!

【追記】
「獅貘象」の文字の位置が歪んでいたため、修正しました(2017/5/5)


《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2017/04/27(木)|
  2. └ 現代妖怪絵シリーズ
次のページ