スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

【実験漫画】ハンマーシュタールの兄弟 印象派の町

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11891571779.html
2014年7月9日

《転載開始》

ハンマーシュタールの兄弟 印象派の町 2014/7/9

画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
制作:2014年7月9日


「あたしと一緒に印象派しない?」

って、全く意味が分かりません。

実はこのセクシーでグラマーな女性は、絵画教室の先生で、
印象派の絵を教えている、というオチです(苦しい?)。

つまり「印象派の絵でも描いてみない?」という営業活動をしていただけ。

更新が大分遅れたのは、この作品にてこずっていたためです(笑)。

『ハンマーシュタールの兄弟』の第1回目(前回)の時、
「2006年に印象派漫画のアイデアを思いついた」
という意味の事を書いたのですが、早速実行に移しました。

世の中は広いので、
既に印象派の絵柄による漫画を描いている人がいそうな気はしますし、
印象派の絵柄のアニメーションは確か既にあったと思います。

もし、印象派の絵柄の漫画が既出だとすれば、
恐らく、全編印象派の絵柄になっているかも知れないと思います。

なので、捻りを加えて、全編ではなく、
一部が印象派の絵柄という内容にしました。
(それも既にありそうな気はするんですがね・・・)

まあ、『ハンマーシュタールの兄弟』自体、
絵柄が途中で変化する内容の漫画なので、
捻りを加えることを意識せずとも、
途中から印象派の絵柄になるのは当然なわけで・・・。



また、前回では2人しか出しませんでしたけど、
今回はちゃんと、18歳頃にデザインした通りに(ホンの少し修正してますが)
もう1人も登場させました。



完成度を自己評価しますと、50点くらいでしょうか。

印象派の絵柄といっても色々あるわけですが、
一般的に印象派の絵柄というと、
輪郭がぼやけた感じで、色彩が鮮やか、
という感じではないかと思います。

しかし、私が描いたものは、
色彩は何とか鮮やかに決めたかも知れませんけど、
絵柄は特にぼやけていないので(それでも何とか頑張ったのですが)、
その分“所謂印象派らしさ”が半減している気がします。

でも、“印象派の町”は、何とか印象派らしい雰囲気が出たかも知れません。

多分、もっと時間を掛ければ、ぼやけた輪郭の絵が描けると思うのですが。

元々私は、幻想的な写実の絵(シュルレアリスム?)を描いている者ですが、
印象派の絵は基本的に描かないので、
見よう見まねで“ナンチャッテ印象派”絵画を描いた様な感じです。

或いは、印象派の意味を誤解している所もあるかも知れません。
(厳密には、“ポスト印象派”(後期印象派)なんでしょうか?)

次回“印象派漫画”を描く時は、もっと輪郭を暈せたらいいなと思います。



◎他の作家による印象派をネタにした作品
印象派をネタにした作品と言えば、
辛酸なめ子の『印象派メガネ』がありますね。

掛けると、世界が印象派絵画の様にぼやけて見えるという。

が、それとは真逆なベクトルの作品も見つけました。

掛けると、印象派の絵画がクリアに見えるというメガネ、というネタ作品。
(本当はクリアになんか見えません)
http://isuta.jp/17340/
http://www.keloptic.co.uk/impressionnists-campaign

広告代理店の「Y&R Paris」が、
フランスのメガネ会社「Keloptic」のために制作した広告だそうです。

まるで、ドラえもんの「ひみつ道具」です。



◎ハンマーシュタール調査録 - 印象派の町
町全体が、印象派絵画に描かれたモノの様な姿になっており、
その領域内のモノは、生物であろうと無生物であろうと、
印象派絵画に描かれたモノの様な姿になる。

但し、その町を抜けると、元の姿に戻る。

「印象派の町」に入った事で、印象派絵画の様な姿に変化する事を
「印象化」と呼び、その現象を「印象化現象」と呼ぶ。

印象化する領域を「印象化領域」と呼ぶ。

印象派の町に、いつ頃から印象化領域が生成されたのかは、不明。

生物が印象化されても、生理学的な変調は特に無いが、精神面に於いては、
細かい事で悩む事が無くなり、大らかで大雑把な性格になるという、
変化の例が多く見られる様である。

※念のため言っておきますが、フィクションです。

《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2014/07/16(水)|
  2. ハンマーシュタールの兄弟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。