スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)|
  2. スポンサー広告

こぐまのハウアス(25話) どうぶつの国

画材:製図ペン・色鉛筆・同人漫画用原稿用紙(A4)
作画:2009年1月23日


http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10196568919.html
《転載開始》



変態児童文学の巨匠(自称)
大塚聰が世界の子供たちに贈り付ける
自己満足と偏執と妄想の世界


こぐまのハウアス
HOURS the Little Bear !
25話:どうぶつの国


今日は、偏執的なこだわりを持った、
或るアライグマのお話です。


ラー:やあ、ハウくん!!

ハウアス:オッス、ラーくん。

・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・



えっ?



・・・・・ど、どうしたの?その格好!!!!!

どうぶつの国(第25話)こぐまのハウアス 2009.1.23-1

この似非童話をご覧になっている方は、
なにがおかしいのか分かるでしょうか?


ハウアス:ズボンどうして穿かないの!?

ラー:だってさ、僕たち動物じゃん。
別に服なんか着なくたって平気でしょ?

ハウアス:否、でもさ、
一応この世界では、
動物でもちゃんと服を着る事に
なっている筈なんだけど。

ラー:でも、はっきりしないんでしょ?

ハウアス:ちょこっとどっかで
聞いただけだから、
はっきりとはわかんないや。


ラー:なら、ボクはこのままの生活を送るよ。

ハウアス:あッ、ちょっとッ!!!!!

・・・・・大丈夫かなあ?

・・・・・・・・・・

ラーくんはその後、
おまわりさんに
補導されてしまいました。
そして・・・・・。


ラー:・・・・・いやあ。参った参った!!

ハウアス:参ったのはこっちだよ!!

ラー:心配かけてゴメンネ。

取調べ室に連れて行かれてさ、

「どうしてこういうことしたの?」って言われてさ、

「いや、動物だから、裸でも平気だと思ったんですけど」
って言ったら、

この世界は、人間界と同じ様に服を着る事が
法律で義務付けられてるって言ってた。

ハウアス:ほらっ、ボクの言った通りだったろ!!

ラー:うん、そうだったね。
それからボクは「猥褻物陳列罪って言うけど、
別に猥褻なものを並べてるわけじゃないんだけど」
って言ったの。

ハウアス:そしたら?

ラー:そういう問題じゃ無いだろ!!って、怒られちゃった。
ハハハハハッ!!

ハウアス:スゲーアッケラカンとしてんな。
いいキャラしてるよ、ラーくんは。

ラー:「次は無いからね」って言ってた!!

ハウアス:あはははははッ!!

ラー:そういえばさあ、
“どうぶつの森”ってあるよね。

ハウアス:うん。

ラー:あそこの世界だったら、
別に大丈夫だったんだろうね。

ハウアス:そういえばそうだよね。
たしか、全裸でもOKだったよ。

ラー:いいなあ・・・・・。

ハウアス:いいの?

ラー:まあ取り敢えずは、
この程度の露出で我慢するか。

どうぶつの国(第25話)こぐまのハウアス 2009.1.23-2

ていうか、こっちの服装の方が、
よっぽど猥褻だと思うんだけど・・・。

ハウアス:それはさあ、
この童話の作者が変態だから
皆無理矢理ヘソ出しルックに
させられてるんだよ!!

大塚聰:ちょっと待ったあ~!!

ハウアス:しゃしゃり出るなよ!!

大塚聰:21話でも言ったけどな、
常識をテーマにした、
一種の実験なんだってば!!

ハウアス:分かってる分かってる!!
そういうの分かってて言ってるから、
取り敢えず落ち着けよ!!

・・・・・でもさ、やっぱりお前
“ヘソ出しフェチ”なんだろ?

大塚聰:否、それは・・・・・。



分かったよ、認めるよ!!
フェチだよ!!

ハウアス:そうらみろ!!

それはともかく、
ラーくんは露出大好きな
筋金入りの変態だよね。

ラー:ボクって、変態なのかあ・・・・・。

ハウアス:否定しないの?
納得してんだ。

ラー:うん。
素直が一番だからねッ!!

ハウアス:やっぱここまで
前向きでないとな。
さすがはラーくんだ!!




母と子で見る関連アニメ
どうぶつの森 [DVD]
監督:志村錠児
バップ 2007-7-25



母と子で見る関連絵本
ぴょこたんのおばけめいろ181
著:このみひかる
あかね書房 2008-12



《転載終了》




母と子で観る衝撃映像
【閲覧注意】スカトロ描写があります
うんちの あとは おしりふき
スポンサーサイト
  1. 2013/09/27(金)|
  2. ├ 童話
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。