こぐまのハウアス(第6~7話) ベジタリアンのおおかみ しゅうさいまじめキャラのへそだし

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10052734879.html
《転載開始》
2007年10月27日

母と子で綴る、童話政策の見直し。
(上記の言葉に、意味は全くありません)






こぐまのハウアス(6・7話扉絵)2007.10.27

HOURS the Little Bear!





むっつめのおはなし

ベジタリアンのおおかみ(第6話)こぐまのハウアス 2007.10.27

ハウアス:やあ、ヴォルフくんじゃないか!!

ヴォルフ:あっ、ハウアスくん。こんにちは。

ハウアス:あいかわらず「やさい」をたべてるね!!
「オオカミ」なのに「ベジタリアン」してるヴォルフくん!!

ヴォルフ:それをいわないでよ!!

ぼくさ、どうわではよくわるものとして
「オオカミ」がえがかれていることに、
かなしさをおぼえてさ、
いっしょうけんめい「やさい」になれようと
どりょくしてるんだ。

ハウアス:だいじょうぶ?
やさいなんかたべて。

ヴォルフ:だいぶなれたよ。
ていうか、いまはもう、おいしいってかんじるよ。

・・・ぼくさ、
いままで「にく」にされてたべられてきたいきものにたいしてさ、
とってももうしわけないきもちがわいてきてさ・・・

・・・ううっ・・・

みんな、ごめんねって・・・

・・・うううッ・・・

ハウアス:なかないでよ!!

たべちゃったあいてはもういきかえらないんだから、
いまさらあやまったりしてもしょうがないよ。

それから、ヴォルフくんはとってもやさしくて、
こまっているひとに、
なんのみかえりももとめずによくしてるから、
かんしんしちゃうよね。

ヴォルフ:それはさあ、さっきもいったように、
「オオカミ」のわるいイメージをけしたいからやってるんだ。

ハウアス:それだけじゃないでしょ?

ヴォルフくんじしんのせいかくも、
とってもやさしいとおもうけど。

せけんの「オオカミ」のイメージがよくてもわるくても、
みんなによくするせいかくでしょ?

ヴォルフ:・・・そうかもしれない。
じぶんでいうのもなんだけど。

ハウアス:そうやってひかえめにいうところが、
やはりそのとおりだとおもう。

で、ちょっとぎもんにおもったんだけど、
・・・ヴォルフくんって、
・・・ほんとうにオオカミなの?


ヴォルフ:・・・・・ぼ、ぼ、ぼくは、
オオカミだよ・・・・・!!
・・・・・ぼくはッ・・・・・、
・・・・・ほんとうにッ・・・・・、
・・・・・オオカミなんだってばッ!!!!!
・・・うッ、うッ、ウェ~ン!!!!!


ハウアス:ごッ、ごめん!!

べつにいじめるつもりでいったんじゃないんだよ。
なかないでよ!!

オオカミはさあ、
ほんらいつよくていさましいじゃん。

だから、ヴォルフくんは、
なんでこんなにかよわいせいかくなんだろうって、
ヴォルフくんは、とってもこころがきれいだよ。

でも、それだけじゃだめだよ。

こころがきれいなだけじゃなく、つよくもあれば、
とってもすばらしいとおもうんだよ。

とってもカッコイイとおもうんだよ。

ヴォルフ:・・・・・ハウアスくんッ・・・・・、
・・・・・ありがとうッ!!!
・・・うッ、うッ、ウェ~ン!!!!!


ハウアス:あららっ・・・・・。






ななつめのおはなし

しゅうさいまじめキャラのへそだし(第7話-1)こぐまのハウアス 2007.10.27

ハウアス:やあ、「しゅうさい」のハイリーくんじゃないか!!

ハイリー:ハウアスくん、こんにちは。

ハウアス:ハイリーくんにはさあ、
まえからすごいぎもんをもってたんだけど・・・。

ハイリー:どんなことですか?

ハウアス:「しゅうさいまじめキャラ」が
ヘソだしルックするのは、
すごいいわかんかんじるんだけど・・・。


ハイリー:えっ、そうおもいますか?
ぼくはとってもきにいってますけど。


ハウアス:でも、ほんらいは、
いちぶのおしゃれなおんなのことか
あいどるのおんなのこがやるもんでしょ?

まず、おとこがヘソだしするいみが
まったくわからないよ。


ハイリー:じゃあ、なんでハウアスくんは
ヘソだししているんですか?


ハウアス:うっ・・・・・・・。いたいとこつかれた。
・・・って、だいじょうぶ。
ぼくはさあ、わんぱくキャラなわけだよ。

「まんがきごうろん」てきにいうとさあ、
「わんぱくキャラ」としてのいっしゅのひょうげんとして、
ヘソだししてるんだよ。

「メタファー」だよ、「あんゆ」だよっ・・・て、
こういういいかたは、ぼくにはにあわない。
ハイリーくんがほんらいはいうべき。

・・・・・それはともかくさあ、
わんぱくキャラでヘソだししてるのって、
よくいるじゃん。


たとえば、
「でんのうコイル」の「ダイチ」とか、
「こどものしろ」のマスコット
「マックマックロー」とか
(ちょっとマニアックだけど、
てか、マックローはとりだから
ヘソないけど)。


ぎゃくに、「まじめくんキャラ」はさあ、
かならずズボンにシャツいれるよね。


ハイリー:だから、
ぼくにはヘソだしがにあわないといったんですね。

ハウアス:そうそう。

ハイリー:でも、このどうわにでてくるおとこのこって、
みんなヘソだししていますよね。

ハウアス:そこがよくわからないんだよ。

大塚聰:それは、
みだれたふくそうのやつらをひにくるために、
こちょうしてそうかいたんだ!!

ハウアス:さくしゃがものがたりにでてくるなよ!!
ってか、それだけじゃないだろ?
すきでかいてるところもあるんだろ?

大塚聰:そっ、そっ、そんなことは、なないぞっ!!

ハウアス:ごまかすな!!どもってるよ。

大塚聰:どもるのは、
こどものころに、
「ひだりきき」をなおさせられそうに
なったからだ!!


ハウアス:もういい、おまえはでてくんな!!!!!

ところで、
オスキャラばかりが
やたらとヘソだししてる
ようじ(幼児)むけよみものってあるよね。


「ぴょこたん」だよ。

あれは、
いよう(異様)なこうけい(光景)だよね。


なんか、おとなのオスキャラも
ヘソだししてて、
それはちょっとみたくないっておもった。


ハイリー:「こぐまのハウアス」では、
おとなのオスケモがヘソだししていないのがすくいですね。

大塚聰:このみひかるさま、
ごめんなさい!!
すきだからこそ、ネタにしてるんですよ!!


ハウアス:あッ、はくじょうしたなッ!!

大塚聰:あッ、やべッ!!

ハウアス:おまえ、「ケモショタ」かくてい!!

大塚聰:アッー!!

ドルフィー:やあ、きみたち!!


しゅうさいまじめキャラのへそだし(第7話-2)こぐまのハウアス 2007.10.27

ハウアス:おう、ドルフィーくんじゃないか!!

ハイリー:ぼくのちちに、りくじょうせいかつできるように
かいぞうしてもらったからだのちょうしはどうですか?

ドルフィー:いやあ、さいこうだね!!

ハウアス:ところでさあ、
ドルフィーくんのかっこうってさあ、
みょうにイヤらしいよね。


ドルフィー:えっ、そうかい?

ハウアス:なんか、
アイドルのおんなのこじゃないんだからさあ。
・・・・・「チカン」にあうことってある?

ドルフィー:よくあるよ。でんしゃとかで。
でも、ぼくはおとこなのになんでちかんにあうんだろ?

ハウアス:そういうしゅみのちかんがいるんだよ。
よのなかひろいからね。

まあ、みぢかにそういうやつがいるから
きをつけたほうがいいよ。

大塚聰:おれは
したことねえっつうの!!!!!

ぎゃくに、
なんかいか「ちかん」にあったり
セクハラされたことはあるけど(実話)。

マジさつい(殺意)わいたよ!!
ちゅうせいてきなかおしてるからなのか、
ウホッ!!だとごかいされやすいようだ。


ハウアス:バカはほっとこう。
ドルフィーくん。
たぶん、
そのかっこうやめればちかんにあわなくなるんじゃないの?

ドルフィー:うーん。でもおきにいりだから。

ハウアス:あっそういえば、
ドルフィーくんちはおおがねもちだよね。

ドルフィー:うん、そうだけど。

ハウアス:なら、でんしゃにのらなくても
だいじょうぶじゃないの?

おつきのうんてんしゅのうんてんするくるまにのれば、
ちかんにあわなくてすむじゃん。

ドルフィー:そういわれてみればそうだよね。
でも、しょみんかんかくがあじわえなくなっちゃう。

ハウアス:どっちかひとつをとるしかないよね。

ドルフィー:ちかんにあってもいいから、
りょうほうとりたいな、ボク!!

ハウアス:あららっ・・・・・。






この童話のねらい
この童話は、
童話政策の見直しをせまる訳でも何でもありません。
ていうか、鳥肌実のように、訴えたい事は何もありません。
ていうか、「この童話のねらい」に書かれている内容そのものが、
全く意味が無いのです。






母と子で見る教育ビデオ
これからおそらく恒例になると思います、
教育ビデオ紹介コーナーです。
かなりイカレた内容ですけど、これでもりっぱな教育ビデオです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm78088
http://www.nicovideo.jp/watch/sm623133
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1081268

《転載終了》
画材:製図ペン・色鉛筆・コピー用紙(A4)
作画:2007年10月27日






●ベジタリアンのおおかみ(むっつめのおはなし)
狼は、童話で悪役として描かれる事が多いです。
ヴォルフくんはその事に心を痛め、
一生懸命に無理矢理野菜を食べるのに慣れようと努力します。

しかしそれだけではなく、元々ヴォルフくんは、
狼の癖に(?)心優しい上に気弱でした。
それに対してハウアスは、心優しいだけではなく、
強い心も持ち合わせていれば理想的だと励ましました。



●しゅうさいまじめキャラのへそだし(ななつめのおはなし)
ハウアスの世界では、男の子は“ヘソ出し”するのが
一般的という設定です。
これは、ファッションに対するずっと以前からの
作者の思いを表わしています。

「皆がやっているから」という理由で特に何も考えず、
自分に似合っているかどうかも考えず、流行りの格好をする。
或いは“同調圧力”に屈して、
つまり、「ダサい」と言われるのを恐れて、
不本意ながら流行の服装をする。
それを痛烈に皮肉るためにそう描いたのです。
私が「ケモショタ」であるかどうかは無関係です。

男で“ヘソ出し”している場合、
女の子がお洒落で意図的にしているのとは違い、
大概服装に無頓着で(服装が乱れて)そうなっているだけ。
漫画で男がヘソ出ししている場合、
大抵肥満や腕白、間抜けさ等を表わす記号的意味合いが強い。
でも最近は、乱れた服装や着丈の短い服を着るのが
オシャレとして流行っていて、複雑な心境です。
世の中狂ってるんじゃないか?と思っています。

それを念頭に入れた上でお読み戴きたいのですが、
よく、漫画に出てくる秀才くんは、
真面目さが服装にも反映され、
ズボンにシャツを必ず入れています。

でも、最近の漫画は分かりません。
最近は、シャツを入れないのが一般的なので、
もしかしたら、最近の“秀才くん”は、
シャツを入れないのかも知れません。

そんな中、私は敢えて、思い切って、
ハイリーくん(秀才くん)にヘソ出しさせてしまいました。
こういうのは多分画期的だとは思いますが、
世の中は広いもので、フランスに、
ヘソ出ししまくっているカンガルーのアニメがあります。
カングー・ジュニアーズ(KANGOO JUNIORS)
というテレビアニメです!!
『カングー』というバスケットボールを題材にした
アニメがあるのですが、その続編で、
カングー達の子供達が活躍するという内容です。
その中に、メガネっ子のヘソ出しカンガルーが出ていて、
それが、ハイリーくんにちょっと似ていると思いました。
“秀才”という設定なのかどうかまでは分かりません。

AnimeGuides - Kangoo Juniors : Guide des épisodes
Kangoo juniors vol 1 - AB Video
http://www.youtube.com/watch?v=xgKsP4hkrus


ヘソ出し絡みでは、
子どもたちに大人気のロングセラーシリーズである、
ぴょこたんにも絡んでいます。
常にヘソ出ししている兎の少年“ぴょこたん”ですが、
基本オスケモは、大人も子供も皆ヘソ出しするという
設定ですよね。
絵を担当する人によっては、
ぴょこたんだけヘソ出ししたりします
(我ながらよく観察してるなあキモいと言われそう)。

いずれにしても“男のヘソ出し”にこれ程拘っているのは、
私しかいないでしょうね。
意外と誰も、この事について考えている人を、
自分以外では知らないので。
もしかしたらいるかも知れませんが(ちょっと変態系で)。

漫画で意図的に男に“ヘソ出し”させる場合は、
“やおい系”とか“ゲイ系”などといった、
“そっち系”である場合も多いかも。
例えば、腐女子を狙ったと思われるキャラがいますよね。
『NARUTO』とか、名前忘れたけど、主人公がヘソ出しの
ロボットアニメとか。

今回は画像で出てきませんでしたが、
作者自身がこの似非童話に度々登場したりします。
その最初に出てきた回がこの第7話です。
作者に対し、ハウアスは乱暴な口調で話します。
その理由は後の回に分かります。

ハイリーくんの父親に、陸上生活出来る様に
体を改造されたイルカのドルフィーくんも出て来ますが、
セーラー服のヘソ出しルックです。
これは、ヲタク等によくウケている(?)
エロいヘソ出しセーラー女子高生を暗に仄めかしています。
要するに“皮肉”です。





【キャラクター紹介】

●ハイリー
秀才のリス。
いつも脇に百科事典を抱えている。
よく漫画に出てくる秀才くんと同様、丁寧語で喋る。
頭は良いが、ヘソ出しに違和感を感じていないようだ。
父は、偉大な天才科学者。

●ドルフィー
ハイリーの父に、陸上生活出来る様に、
体を改造されたイルカ。
手足が付いていて立って歩く事が出来る。
大金持ちの息子だが、セーラー服を好んで着ている。
どうして改造されたのかは、後程明らかとなる。
ハイリーとは大の仲良し。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/23(木)|
  2. ├ 童話
次のページ