デザインフェスタ鑑賞記:その他の展覧会鑑賞記

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12226560998.html
2016年12月7日

《転載開始》

先月末、久々に『デザインフェスタ44』に足を運んで参りました。

Y田Y子さんの『ニコニコムコロ』訪問が主目的ですが。

残念だったのは『剣ノ会』の殺陣を見損ねたこと。

ビジュアル系武士の大人数による剣舞なのですが、
タイミングを合わせるのも凄い難しいことを思うと、
つくづく凄いなあと…。

以前にでんちゅうさんと2回、
同パフォーマンスを鑑賞させて戴いたのですが、
出発時間が遅かったため、到着した頃には時には終了しておりました。

川島さん、次回訪問の際は必ず鑑賞いたします!!

それでは、本題に参りたいと思います!!






ニコニコムコロ.JPG
まずは、「ニコニコムコロ」のブースを訪問!!

Y田Y子さんがず~っと以前に、
「へのへのもへじ」のカタカナ版である、
「ニコニコムコロ」を発明したそうですが、
ブログでそれを紹介したところ、大受けしてしまった様で、
デザインフェスタ登場と相成りました。

ユニークな発想が面白いです!!

協力者である、かっぱのももちゃんさんも混ざって記念撮影!!

私(向かって左)は既に名前出し顔出ししているので、
顔を隠さなくても別に良かったのですが、
そんなに目立ちたがり屋ということでもないので、
最近は顔を隠すことが多いです。




ニコニコムコロ 2.JPG
壁に、自由に自分の「ニコニコムコロ」を描いて良いそうなので、
描いてみました。

劇画調ニコニコムコロのつもりですが、
胴体は描きなれていないせいか失敗気味…


AwataYosuke 1.JPG

AwataYosuke 2.JPG
「Awata Yosuke」さんのブース訪問!!

何度も顔を合わせている方ですが、凄い気に行ったのは、
『縄人形』といい、「わら人形」のパロディです。

「わら人形」は人を呪うものですが、
「縄人形」は逆に、人の幸せを願う人形です。

藁人形は黄土色一色なのに対し、縄人形はカラフルです。

コレを見て、思わず笑ってしまいました。

人を呪うよりも、幸せを願った方が断然いいもんね!!


鳥取家内制手工場 1.JPG

鳥取家内制手工場 2.JPG
「鳥取家内制手工場」さんのブース訪問!!

デザフェス訪問の何日か前に、
たまたまTwitterでその存在を知ったのですが、
現代妖怪をお描きになっている二人組ユニットだそうです。

私も最近現代妖怪絵に力を入れているので、何だかシンパシーを感じ、
訪問させていただきました。

鳥取と言えば、水木しげるの生誕地ですし。


睦見勇.JPG
「睦見勇」さんブース訪問!!

ご覧の通り、ケモナーさんです。

私は重度のケモナーですので、こういうの好きですね。

虎縞で耳長のキャラは実在しないと思うのですが、
私も非実在生物をよくデザインしたりするので、
こういうの好きですね。

私はケモナーをカミングアウトしてかなりの年月が経過しましたが、
現在未だまともに他のケモナーさんとのお付き合いはありません。

この方とは別のケモナーさんですけど、
Twitterでフォローしてくださった方が最近いて、
私のデザインした某非実在ケモキャラがお好きとの事で、
どこで誰が私の何をご覧になられているのか、
分かりませんねぇと思いました。

今後は、他のケモナーさんとの交流も増えたりするのかもと思いました。

関西に「けもケット」という
ケモナー専門同人誌即売会があるらしいとは知っていましたが、
未だ行っていません。


青木仁之.jpg
Awata Yosukeさんのおススメで、「青木仁之」さんブース訪問!!

シュールでグロでヘタウマで素朴派で…。

私が気に入るかも、と仰っていましたが、確かにその通りです!!

或る意味天才肌かも知れませんねぇ。

私には描けません。

この想像力は、私には無いものです。

ヴァニラ画廊の2015年度の「ヴァニラ大賞」で、
「都築響一賞」を受賞したそうです!!

ヴァニラ画廊 -公募 ヴァニラ大賞 2015-





お次は、デザフェスでは無いのですが、
それ以前の展覧会の画像をば…。


牧田恵美 1.JPG

牧田恵美 2.JPG
知り合いの画家、牧田恵実さんの個展
「へんたいですがなにか」
が、アートラボトーキョーで9月に開催されていました。

私は、アートラボトーキョーのオーナーとも知り合いです。

私は牧田さんを、
「現代のシュルレアリストの一人」と勝手に呼んでおります。

丁寧に描きこまれた非現実的風景画なところが好きなのですが、
アメブロでまともに紹介すると、
運営者によって記事の公開停止に追い込まれてしまいます。

画像検索すれば分かりますが、
「げひんですがなにか」
という感じです(検索注意!!)。

富山の生んだ奇才、今後も期待しております!!


犬丸恵和&豆薫 二人展 1.JPG

犬丸恵和&豆薫 二人展 2.JPG

犬丸恵和&豆薫 二人展 3.JPG
11月に開催していた、豆薫さんのお母様との2人展を訪問!!

歌舞伎の切り絵の細やかさと美しさには思わず見とれてしまいます。

わざわざ日帰りで大阪まで足を運んだ甲斐がありました。

シナモン文鳥のふじおくんをお飼いになっているそうですが、
うちでも桜文鳥のしんちゃんを飼っておりました。

しかし、フィンランド旅行中に天に召されて行きました。

享年9歳なので、大往生なわけですが、
ふじおくんには是非とも長生きしていただきたいです。


阿倍野区_1.JPG
大阪市阿倍野区のマスコット「あべのん」

ゆるキャラの名に相応しい。


阿倍野区_2.JPG
「あべのマーケットパーク キューズモール」のマスコットたち。

左上が主役の「アベーノアベーノ」くんです。
(マリーノ・マリーニに引っ掛けた?)

クマではなくチャウチャウ犬だそうです。


阿倍野区_3.JPG
関西自販機限定商品!!

「BOSSとろけるカフェオレ」

なにわのおかんですなぁ。


あべのべあ.JPG
「あべのハルカス」のマスコット、
上から読んでも下から読んでも「あべのべあ」
のクリアファイルを購入。

ケモナー的にはこういうの好きですね。


多摩市障がい者作品展_1.JPG

多摩市障がい者作品展_2.JPG
最近やっていた、
「多摩市障がい者作品展」

「なかまの樹」
という題名の、電動車椅子に蝶の羽根が付いている作品が、
何だか示唆的というか(上手く言えないけど)、
体はこうだけど、心はこうありたいよね、みたいな?

「車椅子に羽根」という発想が大変魅力的で、
更に表現を磨けば、もっと良くなるかも?






というわけで、雑多な紹介してすいません。

無断で勝手に紹介してしまった方のもありますが、
もし問題がありましたら、コメント欄にてご指摘ください。

早急に対処(削除など)いたします。


《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2016/12/09(金)|
  2. ├ 展覧会・イベント

【展覧会】大塚聰とその時代(笑)展

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12162329354.html
2016年5月20日

《転載開始》

大塚聰とその時代(笑)展
<作成:桜井貴>





凄い恥ずかしい展覧会名だこと!!





私は、特に、自己顕示欲なんて強くありません。

よく「自撮り」してる人とかいますけど、恥ずかしくてできません。

アイコンも、自分の顔を使えません。
(漫画風の自画像くらい)

その割には、大胆な事ブログに色々と書いてますけど。

恥ずかしいと感じる“ツボ”が違うのでしょうか?

展覧会のキュレーションは、親しい画家の桜井くんによるもので、
展覧会名も、彼によるものです。

まあそれはともかく、歌舞伎町の砂の城(旧:芸術公民館)で、
5月24日より2週間、グループ展が開催されます。

初日のオープニングが「大塚聰生誕祭」となっておりますが、
何故かと言うと、その日が私の誕生日だからです。
(恥ずかしいよなァ~)

気をつける所と言えば、時間が20時と遅めに始まる事です。

それと、500円チャージ(各種ドリンク料別途)されます。
(入場料500円みたいな)

バーなので、しょうがないのかも知れません。

無理して来場されなくても構いません。
(おいおいそんな事いっちゃあ・・・)

私はあまりお金を取りたくないという者ですけど、
いかんせん、私が企画したわけではないので・・・。

参加作家を以下に示します。


大塚聰

OOM こと 右田晴山

木村哲雄

桜井貴

nibinibu

LITTLE BOY


(※アイウエオ順)

私の作品はともかく、ゲストでお呼びした方々は、
とてもいい作品をお作りになるので、ご期待いただけるかと思います。


会期:2016年5月24日(火)~6月5日(日)
時間:20:00頃~終電
料金:500円
場所:砂の城(旧:芸術公民館)
東京都新宿区歌舞伎町1-3-10 3F
<大塚聰生誕祭>
2016年5月24日21:00~


砂の城





ところで、ポスターの右斜め上に出ている
「ゆるキャラ」みたいなのは何なのかというと・・・。


ブシュッチくん縫いぐるみ

ブシュッチくんです!!

この縫いぐるみ作ったの私です。

裁縫も出来ますよ!!

それから、ポスターの左下に出ている衣装は・・・?


ルイヴィトン作業着シリーズ

某有名ブランドの土方作業着です!!

恥ずかしいので、
私自身が身につけている時の画像を出しませんでした。
(過去記事を探せば、そういう画像は見つかりますけどね)






そして、今回の恥ずかしい展覧会のキュレーションを行った
桜井くんとは・・・?

こんな絵を描いとります!!


モグろもん(仮)

モグえもん(仮)!!(モグろもん?)

「喪黒福造 + ドラえもん」が中々面白いパロディストです!!

多摩美で大学院まで出ていますけど、面白い絵を描くので、
彼も応援してやってください!!

因みに彼は、今夏に、阿佐ヶ谷のTAVギャラリーで、
戦争画をテーマにしたグループ展に作品を出品するそうなので、
見てやってください!!

いつの間にか、人の展覧会の告知の記事になってしまいました・・・。

そんなわけで、宜しくお願いいたします!!






【追記】2016年6月7日
私が出品した作品の画像をココに出します。


見てみざる、聞いてきかざる、言うべきこといわざる
見てみざる、聞いてきかざる、言うべきこといわざる
画材:アクリル絵具・キャンバス(P10)
完成:2016年5月24日


2016年度の年賀状として描いた、
『核日の出』(黙視錄年賀状)
を、改めて大きく引き伸ばしたものです。

「初日の出」に引っ掛けたシャレですが、
諷刺性が込められています。

元はハガキサイズで描いたのですが、周囲の絵描き仲間から好評で、
大きく描いたらどうかと提案されていたので、
今回の展示に合わせて描きました。

詳細はコチラ↓

『年賀状アート特集2016』に参加します!!
2016年1月1日

後から、
『見てみざるふり、聞いてきかざるふり、言うべきこといわざる年賀状』
という題名を考えて、そちらをメインの題名に据える事にしました。

勿論、「核日の出」の題名で呼んでも良いのです。

しかし、語呂が余り宜しくないと思ったので、

『見てみざる、聞いてきかざる、言うべきこといわざる』
に変更する事にしました。

俳句っぽくなったかなと思います。






【追記】2016年6月12日
初日の展示風景の画像。


大塚聰とその時代(笑)展 展示風景1
大塚聰とその時代(笑)展 展示風景2

実はこの日、この界隈に出没する純犀さんの送別会とも被っていて、
その意味でも大いに盛り上がりました。


《転載終了》
  1. 2016/05/20(金)|
  2. ├ 展覧会・イベント