【童話】こぐまのハウアス《第31話》キリン専用の電車

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12014321774.html
《転載開始》

よいこも、わるいこも、そのどちらでなくても、
とにかくだれでもいいからみてね!!






熊の子ハウアスは、親友である、首の短いキリンの子キリングくんから、
以前、“キリン専用の自動車”を見せてもらった事があるのですが
こぐまのハウアス《第30話》 キリン専用の自動車 をみてね)、
今度は、“キリン専用の電車”を見せてくれるというので、
キリングくんに誘われて、
キリングくんのパパの働いている所へ行きます。






ハウアス:キリングくん、
今度は“キリン専用の電車”を見せてくれるんだって?

キリング:うん、ハウくんに見せてあげてもいい?
ってパパに聞いたら、いいよって。

ハウアス:やっとできたんだね。愉しみだね♪





こぐまのハウアス 22話 首の短いキリン の時に言っていた、
“キリン専用の電車”を作る事が認められ、
このたびやっと完成したのです。


キリングくんのパパは、“キリン専用の自動車”を作りましたが、
“キリン専用の電車”の製造にも携わっていたのです。


2人は、キリングくんのパパの働いている職場に到着しました。





キリングの父:やあ、ハウくん。また会ったね!!

ハウアス:この間はどうも有難うございました!!
とても楽しかったです!!

今度は電車を見せてくれるなんて・・・。

キリングの父:(首が短いことで)前の学校でイジメにあって
いつも落ち込んでいたキリングのヤツを、
立ち直らせてくれた大恩人(大恩熊)だからね。

ハウアス:でも、いいんですか?こんなことして。

キリングの父:うちの職場はおおらかだから、全然OK。





人間界とは違い、ここ獣人界では、
産業スパイみたいなのはいません。


獣人界の住人は、概ね、
「皆の利益を考える事は、自分の利益を考える事でもある」
という考えを持っています。


なので、見られては困る、という事は、滅多にありません。





キリングの父:こっちだよ。

ハウアス:うわあ、すごいっ!!

キリングの父:さあ、中に入ろうか?

こぐまのハウアス(第31話)キリン専用の電車 2015.4.14

3人は、“キリン専用車輌”の中へ入りました。





ハウアス:ああやっぱり、背もたれは縦に長いなぁ。

キリングの父:キリンはそれまで、
通常の電車に無理して乗っていたんだけど、
頭を屈めないといけないから、
首が疲れたり腰を痛めたりしていたんだ。

でも、これでやっとその辛さから解放される。

とりあえずは、第1車両だけを“キリン専用車輌”にしてる。

何故そうするかというと、車体が普通の電車よりも高いから、
空気抵抗を減らすために一番前の車輌にして、
電車の顔を長くしてるんだよ。

ハウアス:なるほど。

キリングの父:でも、特急電車みたいに座席が個別になってるのが、
ちょっと贅沢かも知れないね。

何事も初めてだから、
とりあえずはこれを作ろうってなったんだけど、
理由は他にもあるんだ。

ハウアス:それは何ですか?

キリングの父:実は、これとは別に、
“通勤電車型のキリン専用車輌”を作る計画も進んでいて、
要は通勤電車の車高を高くしたものなんだけど、
吊り革や網棚をどう取り付けるかが問題なんだよね。

というのも、頭は高い位置にあるけど、
手は通常の位置だから、吊り革や網棚の位置は、
頭から見て低い位置に設置しないといけないから。

だって、頭くらいの位置にあったら、手が届かないでしょ?

ハウアス:そうですよね。

キリングの父:何とか体にぶつからない位置に、
吊り革や網棚を設置しないといけないんだけど、
その問題が未だ解決してないんだ。

だから、取り敢えずは、
今回完成した電車は、特急みたいな座席だけど、
通勤用に使われる事になってる。

特急は、これとは別のものが作られる事になってるよ。

ハウアス:へえ~っ!!

キリングの父:それから、“象専用車輌”も作られる予定だよ。

それまでは、通常の電車の扉の幅を大きくして対応していたけど、
やっぱり座席の問題があるからね。

ハウアス:うわあ~っ!!
どんどん便利になって行きますね。

キリングの父:じゃあ、もう時間が無いから、ここまでで勘弁ね。

ハウアス:いえいえ、とても興味深かったです。
有難うございました!!

キリングくんのパパ、凄いじゃん!!

キリング:ボク、パパみたいな機械設計技師になるんだ!!
そして、いろんな発明とかするの。

ハウアス:期待してるよ!!





ここ獣人界の鉄道では、技術開発が進み、
電気の供給を電線から得る方法を廃止しています。


人間界とは違って、
既得権益を守るために新しい技術開発が妨害されたり、
封印されるといった事がありません。


なので、どんどん住みやすい環境になって行っている様です。

ハウアスは、未来へのワクワクが止まりません!!

《第31話 キリン専用の電車 終わり》





《挿絵》
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
制作:2015年4月13~14日
修正:2015年4月20日

文章改訂:2015年4月20日





母と子で見るニュース
ヒグマ、肉食から草食へ 北海道開発で獲物減?
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015032701002153.html

イルカ150頭、砂浜に 茨城県鉾田市
https://www.youtube.com/watch?v=0aIDvc94Tpk


海に帰したイルカ10頭以上が再び海岸に打ち上げられる…茨城・鉾田市
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1836309.html

「世界でたった一羽」の黒いフラミンゴが地中海で発見される!!
遺伝子疾患でピンクから黒へ!!

http://commonpost.info/?p=110589

アメリカ北西部のコロンビア川の船着き場に
衰弱した2千頭以上のアシカが積み重なっている

http://119110.seesaa.net/article/416564480.html

オーブンで遊ぶ赤ちゃんを「危ないにゃ!」としつけするネコが話題に
http://www.yukawanet.com/archives/4848390.html

猫、手話を覚える。
耳の不自由な猫に手話を教える耳の不自由な女性(アメリカ)

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52189679.html

童話の世界の動物たちも大変ですけど、
現実の世界の動物たちも大変ですね。





母と子で見る物語
ある犬のおはなし~殺処分ゼロを願って~
目を逸らしてはいけない現実。
殺処分ゼロを願って描かれた一冊の絵本が響く。

http://grapee.jp/32495

人間と動物との関わりの問題、
今後も解決する事はないのだろうか・・・?

世に矛盾する事柄、歪んだ実情は数多くありますが、
完全に無くすことは不可能であるにしても、
できるだけ少なくするに越した事は無い気はしますが・・・。

《転載終了》


画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
挿絵:2015年4月13~14日(修正:2015年4月20日)
発表:2015年4月14日(改訂:2015年4月20日)
スポンサーサイト
  1. 2015/04/15(水)|
  2. ├ 童話

こぐまのハウアス《第30話》キリン専用の自動車

画材:製図ペン・アクリル絵具・ケント紙(B5)
挿絵:2014年3月4日
発表:2014年3月5日


http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11787720290.html
《転載開始》

よいこじゃなくても、みてね!!



熊の子ハウアスは、今日、首の短いキリンの子のキリングくんから、
とっておきのものを見せてあげると言われ、
ワクワクしながら、キリングくんのお家へ遊びに行きました。


キリングくんについては第22話をみてね。



ハウアス:ごめんくださ~い!!

キリングの母:あら、キリングなら裏の庭にいるわよ。
お入りなさいな。

ハウアス:あ、そうですか。お邪魔しま~す!!



キリングくん家の裏庭はとても広いです。
ハウアスは、早速そこへ行きました。




キリング:やあ、ハウくん、これみてよ!!

ハウアス:うわあ、これは・・・。


こぐまのハウアス(第30話)キリン専用の自動車 2014.3.4

キリングの父:やあ、キミがハウくんだね。
キリングからはキミの事をよく伺ってるよ。
いつもキリングのヤツと遊んでくれて、本当に有難う。



キリングくんのパパは、車をハウアスに見せてあげるために、
わざわざ車庫から車を出し、広い裏庭まで移動させていたのでした。




ハウアス:キリングくんは、ボクの大切な友達です。
ボクこそ、キリングくんの御蔭で毎日が愉しいですよ。

キリング:えっ、そうなの?照れちゃうなァ・・・。

ハウアス:それにしてもこの車、凄いですね。
縦に長い・・・。

キリングの父:首の長いキリンのために、苦心して開発したんだよ。

キリング:ボクのパパは、機械の技術者なんだッ!!

ハウアス:そうなんだ。
サイドミラーが長いですね。

キリングの父:首の長さはキリンそれぞれだから、
それに対応するためにそうなったんだよ。
いずれ、普通の大きさのサイドミラーを、
首の長さに合わせて上下に移動出来る様にしたいね。

ハウアス:ワイパーも、上下に付いてるや。

キリングの父:ハウくん、中に入ってみるかい?
助手席に座りなよ。

ハウアス:はい。



中に入ってみると、思った通り、座席が縦長でした。
キリングくんは、後ろの座席に座りました。




キリングの父:事故に遭った時のためのエアバッグだけど、
キリンの頭の位置を考えて、
運転席の前の方の天井から下に向けて飛び出す様になってるんだけど、
通常通り、ハンドルの所からもエアバッグが飛び出す様になってるんだ。

何故かと言うと、さっきも言った様に、キリンの首の長さがまちまちだし、
キリン以外でも運転できる様にするためだから。

この車は、何もキリンしか乗れないわけじゃなくて、
それ以外の動物も運転できる様に設計されてるんだよ。

もしもの事があった時に、運転できるキリンがいないと動かせないんじゃ、
話にならないからね。

天井エアバッグとサンバイザーが被らない様にするのに苦労したよ。

ハウアス:へえ~。



その後、キリン専用自動車に乗った三人は、
キリングくんのパパの運転で、近所を走り回りました。

キリンじゃないのにキリンの車に乗るという体験は、
中々出来るものではありません。

ハウアスにとっての、ここ最近の最も愉しい出来事でした。

因みに、ここ獣人の国の自動車は、エコ化が進み、
空気や水で走る自動車が一般的です。


《終わり》



【次回予告】
キリン専用自動車に乗せてもらったハウアスは、
今度はキリン専用列車に乗せてもらいます。




◎母と子で見る関連情報
空気で走る自動車!?
インドの自動車メーカーが開発した「Airpod」が未来的

http://eedu.jp/blog/2013/02/17/airpod-india-tata-motors/

脱原発!代替エネルギー/水で走るホンダ車
‐Water Powered Car by Honda

http://www.youtube.com/watch?v=pfBOmMxKzR0





◎保護者の方へ(保護者でなくてもいいよ)
このナンチャッテ童話とでも言うのか、似非童話とでも言うのか、
前回のお話(29話)を書いたのがもうかれこれ4年近くも前です。

この童話シリーズを初めて知った方もおられるかと思います。

ブログをやり始めたばかりの頃、盛んに書いておりました。

どんな内容なのかというと、
動物漫画の突っ込み所に突っ込みを入れる様なものとか、
世の中の常識に突っ込みを入れる様なものとか、
身も蓋も無い内容ばかりです。

例えば、ブタくんに食肉の話をするとか、
ライオンがベジタリアンになるとか、
動物は本来裸だからといってストリーキングするアライグマとか、
羊の女の子が狼の男の子に恋の猛烈アタックをするとか、
尻尾の大きいリスはパンツやズボンを穿くときどうするのか?とか。

このまま書かないのは勿体無いと思うので、再開する事にしました。

過去の身も蓋も無いお話の数々も、ご覧戴けると嬉しいです。
(今見返してみると、かなりマズい事書いてるな。やっぱり見ないで!!)

宜しくお願いいたします!!

《転載終了》
  1. 2015/04/08(水)|
  2. ├ 童話

こぐまのハウアス 29話 リスのズボンとパンツ

《制作》
2010年4月20日
《画材》
製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)


http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10513265348.html
《転載開始》

こぐまのハウアス


第29話:リスのズボンとパンツ


さく・え:大塚 聰

変態児童文学者協会書記総統(会長)
有害児童文学賞受賞(嘘)






リー・スー(李蘇):やあ、ハウくん。

ハウアス:リーくんじゃないか。
あっ、ところでさ、聞きたい事があるんだけど。

:なんだい?

:ズボン穿く時ってどうするの?
リスがズボンとかパンツを穿く時とか脱ぐ時って、
凄い大変そうに見えるんだけど・・・。


:あー、確かにね、ちょっと面倒だよ。
でも皆さあ、ズボンの穴に苦労して尻尾を通すと思ってるんじゃないかと思うけど、
ちょっと違うんだよね。

:どうすんの?

:ちょっと、後を見て。

:うん。

こぐまのハウアス(第29話) 2010/4/20





 :・・・・・!!!!!
はあ、なるほどっ!!

リーくんの穿いているズボンの尻尾を通している穴の上が縦に切れていて、
付け外し出来る様になっていたのです。


:これなら大丈夫だよね。
後のボタンも外さなきゃならないから、ワンステップ分面倒だけどね。

:うん。

 :大の方の用を足す時、
わざわざズボンとかパンツを全部脱がないと
いけないのかなと思ってたよ。
で、脱ぐ時も尻尾から外す時、
尻尾の長さが背の高さ位あるから、
それで凄い苦労してるんだと思ってた。
長ズボンの場合は、半ズボンに比べて
更に大変なんだと思ってた。


:でもさ、流石にどうやったら効率がいいか、考えるよね。
面倒なの、嫌だもん!!
絶対誰かが考えるよ、思いつくよ!!


:そりゃそうだ。

:それから、ちょっとココ見て。

:うん。

ハウアスは、リーくんの尻尾の付け根の上辺りを見ました。
するとリーくんは、ズボンの後のボタンを外しました。


:ちょと、ボクそういう趣味無いから!!!!!

:何勘違いしてんの?
ホラ見て、ボタンの下にホックがあるでしょ?
ボタンだけだと心配だからさ、ホックでも留めてんだよ。

:なるほど、ホックで留めて、ボタンはむしろ、留めたホックが外れない様に
する為にあるって感じだね。

:そんな感じ。
それから、これも見て。

:もしリーくんが女の子だったら、じっくり舐める様に見るんだけど・・・。

:ハウくんって、とってもエッチだね。
そういえば、エロ本持ってるんだっけ?

:うん。膨大なコレクションがあるよ。

:その話は置いといて、下着のパンツはどうしてるのかと言うと、ほら、
ボタンを縦に2個つけてる。

:ほう。

:パンツ自体は軽いからさ、そんなにボタンに掛かる力は無いから、
ボタンだけって感じ。
しかも、寝る時とかボタンがゴツゴツ背中に当たって不愉快にならないように、
その辺りの布地は硬めになってる。

:はあーっ、・・・・・いやいや。
こう言っちゃなんだけど、面白いね。


:リスにとっては普通だけどね。
バリエーションも色々あってさ、ボクのズボンではボタンとホックだけど、
ボタンと短いチャック(ファスナー)のとか、縦にホックボタン2個のとかもあるよ。

:いやはや、面白いものを見せてくれて有難う!!
それからさあ、もう一つ訊きたい事あるんだけど。

:なんだい?

:リーくんって、リスなのに、
何で体がボクと同じ位の大きさなの?


:・・・・・。

ちょっと、それはね、タブーの領域だよ。

てか、作者に訊いてよ。
ボクに訊かれてもねえ・・・。

:分かった。
おい、そこの変態!!!!!

大塚聰:なんだよ?

:なんだ、お前変態だったのか?

:・・・・・。

:分かったよ、ゴメンよ、でも、「変態」って言って受け応えしたお前が悪い!!

:お前がオレの事を変態変態って呼びまくってるから、クセになったんだってば!!!!!

:いいよそんなこと。
それより訊きたいことあんだけど。

:なんだよ?

:リーくんはリスなのに、何であんなに体が大きいんだよ!!!!!?

:・・・・・。

そんな事言ったら、ミッ〇ーマウスだってそうだろ!!?

:いや、ミ〇キーマウスはいいんだよ!!!!!
お前の方はどうなんだよ!!!!!?

:・・・・・。

いいだろ、そんな細かい事!!!!!
うるせーんだよ!!!!!
いいかげんにしろおーッ!!!!!

:わあ、作者が怒ったーっ(笑)!!!!!
その調子で絵を描くのも頑張れよ!!

:ちょっといい忘れてた。

:なんだい?

:中国には、『股割れパンツ』(开裆裤)ってのがあるんだ。
ズボンを脱がなくても素早く用を足せるから便利なんだ!!


:流石はリーくんの祖国。
股割れパンツといい、
ニーハオトイレ(你好厕所)といい、
日本人には恥ずかしくて真似出来ないけど、
それ穿けば良かったじゃん!!
リーくんの祖国では普通なんでしょ?


:恥ずかしいから穿けないよ。
だって、股間見えてるんだもん。
ハウくんたちの住む世界に来てから、
もう恥ずかしくて穿けなくなったよ。


:なんだ、それは残念だったね。
それならさ、割れてる所にファスナー付ければいいのに。


:あっ、それ貰ったっ!!

:このアイデアも直ぐ考え付きそうだけどねえ。

:ああ、やっぱり既に作られてた、残念!!
ファスナー付きフルオープンハーフバック

:流石は変態、こういうの直ぐ見つけるよね。

:うるさい!!
別にこういうの、全然興味無いぞ!!


:またまたぁ。





母と子で見る衝撃映像(グロ注意!!)
おいッ!!
シーシェパード(Sea Shepherd Conservation Society)
グリーンピース(Greenpeace)
ルイ・シホヨス(Louie Psihoyos)
出番でっせ!!
それから、一切肉を食うなよ!!

https://www.youtube.com/watch?v=o0Zr6q1yuS8


《転載終了》
  1. 2015/01/27(火)|
  2. ├ 童話

こぐまのハウアス(28話) うまれたまんまのすがたで・・・

画材:製図ペン・色鉛筆・同人漫画用原稿用紙(A4)
作画:2009年4月7日

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10238006457.html
《転載開始》

イ乍
大土冢 耳悤

糸会
大土冢 耳悤

変態児童文学者協会
書記☆KING(ショッキング!!)
大土冢 耳悤







こぐまのハウアス
HOURS the Little Bear !

28話:うまれたまんまのすがたで・・・




今回のお話は、どうぶつの国(25話) での騒動の続編です。



ハウアス:あーあ、何か面白いコト無いかなあ・・・。



ラー:やあッ!!

ハウアス:うわーッ!!早速ッ!!

今度は全裸かいッ!?


ラー:だってさあ、やっぱり納得行かないからさあ。

ハウアス:こないだお巡りさんに怒られたばっかでしょ?

ラー:動物が服を着るのって、どう考えてもおかしいと思うんだ!!

だから、これからは、動物の本来の格好で生きようと思うんだ。

ハウアス:パパとママはどう思ってるの?

ラー:こないだ下半身裸で警察に補導された時、物凄く怒られたよ。

ハウアス:じゃあ、やめたほうがいいんじゃない?

ラー:パパとママには後から説得するよ。

皆に説いてまわるんだ!!

動物が服を着るのって、
おかしいんじゃないかって。


ハウアス:ちょっとッ!!待ちなよッ!!

もうしらねえからッ!!

生まれたまんまの姿で…(第28話)こぐまのハウアス 2009/4/7


ハウアスの忠告を無視し、
ラーくんはスッポンポンの格好でどこかへ行ってしまいました。




やはりその後、
ラーくんは警察に補導されてしまいました。

そして・・・。




ハウアス:やっぱ、言わんこっちゃ無い!!

ラー:もう、あきれてたよ。

「きみの信念には参ったよ」だって。

ハウアス:ははははッ!!

でもさ、ボクたちさあ、人間じゃないけどさあ・・・、

ラー:うん。

ハウアス:動物でも無いじゃん。

ラー:えッ、そうなの!?

ハウアス:人間でも動物でもない、

“獣人”ってヤツだよ。

ラー:そうなんだ?

これで納得行ったよ。

ハウアス:否、でもこれはさあ、

あくまでボクの仮説。

ラー:なあんだ。

ハウアス:でもさあ、

こういった”擬人化動物”の世界ってさあ、

現実には無いだけに、矛盾だらけだよね?


ラー:うん。

ハウアス:そこをなるべくさあ、

タブーにして触れない様に、

皆してるんだと思うよ。


ラー:そうかなあ?

ハウアス:そうだよ。

だから、この童話の作者は物凄い悪質なヤツだよね。



ラー:それはともかくさ、

“ヘソだし”と”全裸”、どっちがエロいんだろう?

ハウアス:どっちもそれなりにエロいと思うよ。

ラー:じゃあ、この似非童話の少年キャラは、

どうして皆ヘソ出ししてるんだろう?

ハウアス:作者曰く、

“常識を相対化する試み”なんだってさ。

皆分かってくれなくて、
不満がってるみたいだけどね。

そういえばラーくんって、
露出狂の癖があるんだっけ?

ラー:そうじゃないかって、

うすうす気付いてるんだけど。

ハウアス:ヘソ出しだけじゃ、不満でしょ?

ラー:ヘソ出しするにしても、

露出の度合いを大きくして貰うために、

作者に掛け合ってくるよ!!

ハウアス:したたかだねえッ、感心するよ!!

あっ、思ったんだけど。

ラー:なあに?

ハウアス:ラーくんってさあ、本当はさあ、

動物は本来裸だから裸になるべきという

真面目な理由じゃなくてさあ、

あくまでそれは口実でさあ、

本当は単純に裸で街中歩きまわりたいって思った

だけじゃないの?

ラー:それもあるけど、あくまで理由の半分だよ。

理由のもう半分は、純粋に動物が服着るのは

おかしいんじゃないかって思ったからなんだ。

ハウアス:なんだ、納得したよ。




こうして、ラーくんは、
二度とストリーキング事件を起こす事は無くなったのです。
めでたし、めでたし。




【記事補筆:2009.4.9】



母と子で聴く関連曲

全裸[CD]

古谷智志

コロムビアミュージックエンタテインメント 2009-3-4



母と子で見る関連映画

はだかっ子 [DVD]

監督:田坂具隆

東映ビデオ 2007-3-21



母と子で見る関連18禁
母と子で18禁を見る事は可能です。
子が18歳の誕生日を迎えればいいだけですから。


NH○ 全裸教育テレビ [DVD]

ソフト・オン・デマンド 2007-12-20

《転載終了》
  1. 2014/03/15(土)|
  2. ├ 童話

こぐまのハウアス(27話) ドルフィーくんの小旅行

制作:2009年2月18日(改訂20日)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10210560081.html
《転載開始》

変態児童文学者協会書記統領(会長)

大塚 聰




こぐまのハウアス
HOURS the Little Bear !

27話:ドルフィーくんの小旅行




今日は、イルカのドルフィーくんが、
お付きの運転手の運転する車にハウアスと一緒に乗り込んで、
ちょっと遠くへ日帰り旅行をする事にしました。
ドルフィーくんは、お金持ちです。




ハウアス:ボクを呼んでありがとう。
ところで、ハイリーくんは?
ハイリーくんは呼ばなかったの?



ハイリーくんとは、
ドルフィーくん一家が陸上生活できるように
改造手術してあげたハイリー博士の息子のことで、
ドルフィーくんとは大の仲良しです。




ドルフィー:呼んだんだけどさ、
ちょっと忙しいんだって。
残念だよ。

ハウアス:またあるもんね。
ところで、どこ行くの?

ドルフィー:静岡だよ。

ハウアス:どうして静岡なの?

ドルフィー:よく知らないんだけどさ、
如何にも暖かいって感じでさ、
海って感じでさ。

ハウアス:如何にも「夏」って雰囲気だよね。

ドルフィー:そうそう!!
それ言いたかった。



静岡に着いた頃にはもうお昼になっていて、
皆でレストランでお食事をしました。
運転手も一緒です。
ドルフィーくんは、召使いに対して、
低く見たり扱ったりしません。
そうするのは、自分でも気分が悪いと思うからです。
ドルフィーくんのお屋敷は、
いつもアットホームな雰囲気に包まれています。

昼食を済ませた後、街中を車で巡っていきました。




ドルフィー:アシッチさん(運転手の名前)、
ちょっとあそこのスーパー立ち寄ってくれませんか?

運転手:あっ、はいっ!!

ハウアス:何で、普通のスーパーなんかに行こうとするの?

ドルフィー:やっぱり、海に近いスーパーだから、
新鮮な魚とか売ってるかも知れないから。
それに、金持ちだからって、変に気取りたくないし。

ハウアス:なるほど!!

ドルフィー:それに、ボクはイルカだから、魚大好物でしょ?

ハウアス:そりゃそうだ。



スーパーの駐車場に車を留めた後、
ドルフィーくんは運転手を車に待機させて、
ハウアスと2人でスーパーに行きました。




ドルフィー:うーん、
売られてる魚は概ね他の一般のお店と変わらないねえ・・・。

ハウアス:そうだね。

ドルフィー:えーと・・・。



・・・・・えっ!?

・・・・・・・・・・・・



アッ-!!!!!



ハウアス:どッ、どうしたッ!!!?

イルカ肉 1

イルカ肉 2

イルカ肉 3

ドルフィー:ボッ、ボクの仲間が・・・・・、

肉にされてるよォ~ッ(泣)!!!!!


ドルフィーくんの小旅行(第27話)こぐまのハウアス 2009/2/18

ハウアス:うわッ、これは凄い!!



そういえば、何かで聞いたことがある。
イルカを食べる地域があるって。

ドルフィー:そうだったんだ・・・・・、

・・・・・・・・・・。



・・・・・・・・・・あっ、そういえば、
以前「捕鯨」について皆で討論した時、ヌイイくんが、
イルカを食べてる所があるとか言ってたね・・・。



ハウアス:そう言えばそうだったね。



・・・・・・・・・・もう、行こうよ。

ドルフィー:うん。

ハウアス:人間と動物が仲良く生きていくには、
まだまだ年月が掛かりそうだね。



するとそこへ、
たまたまスーパーに居合わせた漁業関係者が
声を掛けて来ました。




漁業関係者:おや、あんたイルカかい?

ドルフィー:そうですけど。

漁業関係者:その割りには、陸上を歩いてるが・・・。

ドルフィー:あっこれは、
改造手術で陸上生活も出来るようになったんです。

漁業関係者:そうなのかい。

気分悪くしただろう。

ドルフィー:えっ、まあ。

漁業関係者:でもなあ、
イルカが漁場を荒らしたり
網を食い破るもんだから、
漁師としては、イルカを駆除しなきゃ、
生活が脅かされるわけだ。
それでしかたなくっつうのはある。


ドルフィー:そうだったんですか。

ハウアス:・・・・・複雑な気持ちにさせられるね。
何がいいとか悪いとか、迂闊に決め付けらんないし。
勿論、ドルフィーくんたちイルカにとっては「悪」なんだろうけど。
それに、イルカにしてみたって、
別に漁の邪魔をしてるなんて、
これっぽっちも
意識してるわけ無い筈だし。
只、普通に魚が食べたいって
思ってただけでしょ?
人間の方が勝手に、
漁の邪魔してるって思ってるだけだよ。

人間の意思が、ちゃんとイルカに伝えられればいいんだけどね。

ミルコ(武闘派の牛)がもしこの場にいたらさあ、
「イルカは食っちゃダメで牛は食っていいのかよ!!」
って怒りそう。

何よりも、一番自然を荒らしてるのは、
人間なんだけどね。
その理屈で言えば、
人間も駆除しなきゃならなくなる。

漁業関係者:それを言われると
何も言えないが、一番問題なのは、
モラルを守らない勝手な人間だ。
モラルを守る人間もちゃんといる。
今の日本は、犯罪者にとても甘い所がある。

ハウアス:それが一番の問題だよね。




・・・・・とまあ、話がどんどん大きく膨らみ、
且つ方向もずれていきました。

その後も、ドルフィーくんの悲しみがずっと続いたため、
すぐ家に帰ることにしました。

でも翌日には、
又もとの明るいドルフィーくんに戻っていました。




【記事増補:2009.2.20】



母と子で観る衝撃映像
※グロ注意!!
残酷描写が苦手な方や、心臓の弱い方は、
観ない事をお勧めします。
もしこの映像を観て気分を害しても、
私は一切責任を負いませんので。
まあでも、この映像を作った人は、牛肉も食べるなよ!!

http://www.youtube.com/watch?v=o0Zr6q1yuS8


母と子で観る口直し映像
※バランスを取らないといけません!!
「イルカ」ではなく「クジラ」ですが。

http://www.youtube.com/watch?v=7x3dGNN4YgI


母と子で見るサイト
敢えてリンクは貼りませんが、
KIRIO ソロモン諸島のイルカ漁
で検索してみましょう。
狩る相手に対して感謝の気持ちを抱いている様な所は、
日本の捕鯨とノリが近いような・・・。
「シーシェパード」や「グリーンピース」は、
彼らに対しては抗議しないのですか?

《転載終了》
  1. 2014/02/05(水)|
  2. ├ 童話
次のページ