ラトヴィア警察のマスコットと、ラトヴィアのゆるキャラ祭り

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11592084987.html
2013年8月21日

《転載開始》

Runcis Rūdis un Bebrs Bruno 2013-8-21

猫のルーディスとビーバーのブルノ
Runcis Rūdis un Bebrs Bruno

画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画原稿用紙の裏
完成:2013年8月21日


以前、エストニア警察のマスコットをご紹介しましたが、
http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11508258341.html
今回は、その第2弾!!

ラトヴィア国家警察(Latvijas Valsts Policija)
のマスコットは、何と、ペアを組んでいます。

ネコとビーバーです。

私は初め、ビーバーの方を先に知ったのですが、
目が強烈に印象的でした。

右目が横長だけど、左目が縦長なので、
日本では放送コードに引っ掛かりそうな奇妙なデザインが、
とても気になっていました。

ルーディス(ネコ)の方は、
反射板付きジャケットを着用している場合が多い様です。
交通安全マスコットという事なのでしょうね。

公式イラストでもあるのかどうか調べてみたのですが、
ネット上に出ていない様です。
(以前、エストニア警察のマスコットを紹介した時は、
ラトヴィアやリトアニアの警察のマスコットと
並んでいるイラストは見つけましたが)

着ぐるみを撮影した画像は、撮影者の権利を考えてしまうので、
何か無断使用する事に抵抗感があり
(大丈夫だとは思うのですけどね)、
仕方なく自分でイラストにしてみたのです。

色を一部、変更しています。
耳の中を桃色にした方が、見栄えが良いと思ったからです。

夏バージョンの様です↓
ちょっと、中の人の生腕が見えてますがな!!

http://www.42km.lv/lv/news/

エストニアの人気アニメ『発明村のロッテ』(Leiutajateküla Lotte)
のロッテちゃんの着ぐるみと一緒に↓

Ceļojumā uz Stokholmu kopā ar Tallink - Mazulis - Māmiņu klubs

ヴェールマネス庭園(Vērmanes dārzs)
での、ラトヴィアのゆるキャラ祭り
人形とマスコットの大行進(Lielo leļļu un Talismanu gājiens)

http://www.youtube.com/watch?v=_olpEmi-nGo


2011年度の人形マスコット大祭の映像に、
ルーディスとブルノが出てきます。

街中を練り歩き、ヴェールマネス庭園に集まって、
舞台で歌ったり、色々パフォーマンスなどをするようです。

地元のローカルキャラだけではなく、
「スポンジボブ」「チェブラーシカ」等、
世界的に知られるキャラクターも出ている様です。

冬休み中の安全啓発キャンペーン
の模様を取材したニュース映像の様です↓

http://www.youtube.com/watch?v=SoE-7El3J3U


人形とマスコットの大祭(Lielo Leļļu un Talismanu svētki)公式サイト
http://talismani.lv/

Lielo Leļļu un Talismanu svētki

毎年8月に行われるようですが、
今年は8月25日(日)だそうです!!

ラトヴィア旅行の際には、ご覧になられるといいかも知れません。

《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2016/05/25(水)|
  2. ├ Fan Road Mad(ローカルキャラ編)

バモバモくん(帯番組『バモ!FC東京』(TX)のマスコット)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11279306539.html
2012年6月16日

《転載開始》

今頃になってやっと取り上げます。
というのも、6~7年前から気になっていたネタだからです。


今から10年程前に『バモ!FC東京』(テレビ東京)という、
サッカーチーム『FC東京』をサポートする帯番組がやっていたのですが、
その中に『バモバモくん』というキャラクターが出ていました。
二頭身のペガサスというか、羽の生えたカバの様なキャラクターです。


私は度々この番組を見ていたのですが、
後日インターネットをやり始めてから、
この番組についてネットではどう語られているのか調べてみたものの、
殆ど語られていない。
全くというわけではありませんが、半ば忘却の彼方という感じでした。

その上、バモバモくんについても軽く「カバ?」みたいに
ほんの一言語られている程度でした。
当然ではありますが、バモバモくんの画像も出ていない。

当時は、サンリオの封印された?キャラクター『ドンラゴン』について、
ブログやmixiの日記で紹介はしましたが、
『バモバモ君』までは取り上げませんでした。


で、今再び検索してみた所、
やはりバモバモくんはネットに出ていませんでした。
バモバモくんをネットで紹介できるのは、私しかいないんですよ!!
というか、より厳密に言えば、私しか紹介しようとする者がいないんです!!
ですから、こうしてブログで紹介する事にしました。


バモバモくん 1

私が中々紹介しなかったのは、
当時は、テレビの映りが悪い所で生活していたので、
綺麗な画像というものが無かったのです。

画像が汚いので、ドンラゴンの時みたいに
自分でイラストを描いて紹介しようと思っていました。
(ドンラゴンの場合は、
画像が無かったので仕方なく記憶を頼りに描いたのです。)

でも、中々面倒臭くて実行しなかったわけです。
が、出来るだけ証拠を見せないといけないと思い、
汚い画像ではあっても取り敢えず出そうと考えを変えました。


バモバモくん 2

最初、バモバモくんは、アニメーションとは言えない様な、
紙芝居的な平面的CGでしたが、
後期では3DCGになりました(二番目の画像)。


シャツには「VAMOS」と出ています。
その斜め右に「2」と描かれていると思うのですが
(画像が汚いのではっきりと確認出来ませんが、
記憶だとそうだった様な)、恐らく「×2」という意味で、
「バモバモ」と言わせようという事なのかも知れません。





実は、バモバモくんには妹がいます。
確か、黄色だか桃色だか忘れましたが、トレーナーを着ていました。
その他にも、頭がサッカーボールで
波平みたいなおじさんの審判とか色々いましたが、
殆ど忘れました。
エンドロールにデザイナーの方の名前が出ていたと思うのですが、
確か女性でした。


当時は、FC東京にはマスコットがいませんでした。
まさか、バモバモくんをマスコットに起用しようとは
思わないだろうなとは思いましたが、
やはり後日『東京ドロンパ』というマスコットが登場しました。


というのも、バモバモくんの風貌が間抜けっぽいからです。
“出べそのヘソ出しルック”ですからね。


“ヘソ出しルック”と言えば、
通常は女の子がお洒落さやセクシーさを醸し出す為に
やりますけど、男のヘソ出しというのは、
往々にして間抜けさを醸し出す為に、
漫画やアニメの中で記号的に描かれる事が多いです。
例えば、服装の乱れとか、肥満の強調など。


しかし、『腰パン』や『見せパン』『着丈の短いシャツ』『シャツ出し』
等の、乱れた服装の流行っている現在では、
どう見られるのでしょうか?
でも、“出ベソ”ですからね。
かなり間抜けさが強調されていますよね?
こんな事を言うと、『臍ヘルニア』の方々に対して失礼なので、
余り言ってはいけないのですが・・・。


まあそんなわけで(どんなわけだ?)、
オマケの画像を出して締めとしましょうか。


東京ドロンパとバモバモくん 2012.6.16

【追記】
焦って書いたせいで、重要な話を書き忘れていました。
この番組と言えば、水原恵理アナを忘れてはなりません!!
水原アナとバモバモくんとのコントの様なやりとりとか、良かったです!!
サッカーのユニフォームを着て、選手にインタビューしたりしてましたね。


《転載終了》



久々に「バモバモ君」について調べてみたら、
Wikipedia頁が作成されていた上に、
私のバモバモ君紹介記事をTwitterで紹介している方もおられました。

バモ!FC東京 - Wikipedia

バモバモくん Twitter
Twitter

やっぱり、ブログを紹介してくださる方は嬉しいですよね!!

らはさん、有難うございます!!

因みに、元は『バモバモ! サッカーテレビ』
という名前で2000年4月に始まり、それが、
同年10月にも『バモ!FC東京』に変わったそうです。

そして、2003年3月をもって終了したそうです。
  1. 2016/03/21(月)|
  2. ├ Fan Road Mad(ローカルキャラ編)

コパトーン vs ホピトーン vs ミミトーン

コパトーン vs ホピトーン vs ミミトーン 2012.12.1


Coppertone vs Hoppitone vs Mimitone
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
制作:2012年12月1日 10時~14時

初出↓

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11417362422.html

友人の bloodymary(以下、ぶらまり)さんから、
ミミップくんがコパトーンしているイラストを
描いて欲しいと依頼されて制作。

最初の切っ掛けは、確か、ケモナーを自認する私が、
ホッピービバレッジのマスコットである『Mr. HOPPY』
に夢中になっている旨、ぶらまりさんにメールで述べた所、
『ミミップくん』というキャラクターの存在を教えられたのですが、
Mr. ホッピーはパンツ一丁であるため、コパトーンみたいに
犬にパンツを引っ張られている絵でも描きたいなと思った所、
そういえばミミップくんもズボン一丁だし、
ゆるゆるな感じに穿いているので、ミミップくんも
コパトーンしている絵でも描きたいなとぶらまりさんに述べた所、
是非描いて欲しいと言われました。

余りにもくだらないんだけど、でも作ってみたい、
やってみたい…。
そんな物や事ってあると思います。
今回紹介する作品は、それなんです!!

Mr. ホッピーは、
自分の中ではマイナーというイメージなんですが、
ミミップくんは、売れっ子なんだとか。
  1. 2013/03/04(月)|
  2. ├ Fan Road Mad(ローカルキャラ編)

野方商店街をよろしくねッ!!

【注意】
一般的な感覚からして不快と思われる表現がありますので、
画像をご覧になられる方は、ご注意ください!!


野方商店街をよろしくねッ!! 2008.12.8

画材:同人漫画用原稿用紙(A4)・製図ペン・アクリル絵具
完成:2008/12/8


おバカなものを描いてしまいました。
何も、肩の部分をズリ下げたり、舌を出さなくても…。
自分で描いて、自分で笑ってしまったという。

恐らく、野方商店街の関係者も、
ネットに出したこのおバカなイラストを閲覧していて、
苦笑なさっていると思います。
まあ、それは置いときましょう。

商店街のマスコットにはいろいろありますけど、
野方駅前の商店街のリスの『のんちゃん』は、
何だか懐かしい昭和のケモキャラという感じで、
私の好みにとても合うのです。

しかも、ヘソ出しルックですよ!!
ケモショタにはさぞたまらない事でしょう!!
オリジナルのイラストは、私が現地で撮影し、
本家ブログで紹介しているので、
コチラのリンク先からご覧ください↓
のんちゃん(野方商店街マスコット)

野方は、住宅が密集しているお蔭か、
大型スーパーやショッピングモールの進出が出来ないと思います。
よって、商店街が廃れる危険性は無いでしょう。

野方駅前の商店街には幾つか種類があって、
のんちゃんをマスコットとしている商店街は、
踏切りを跨いでいます。

その商店街だけでも結構長い距離あるので、
全体ではもっとあるわけです。

私は、地元ではないし、仕事等で関わる事も無いのですが、
このマスコットが好きなので、
たまにわざわざ野方商店街へ行ったりします。
その意味では、このマスコットを作った甲斐は
あったと思います。
  1. 2012/11/06(火)|
  2. ├ Fan Road Mad(ローカルキャラ編)

ムサコにいてくる

ムサコにいてくる 2008.8.10


画材:コピー用紙(A4)・製図ペン・アクリル絵具
作画:2008/8/10


武蔵小山商店街PALMのマスコット『パル』

後楽園のマスコット『ドンチャック』
の、組み合わせネタ。

単純に「似ているな」と思ったわけです。

元々は武蔵小山商店街が好きで、たまに行っていました。
戸越とか荏原とか、その辺りも。
でも、普段生活していて関わる事が無い場所なので、
意識的に行く感じでした。
しかも、その商店街のマスコット『パルとパム』も可愛いので、
とても気に入っていたのです。

「ムサコにいてくる」というのは、ふたばちゃんねるで、
ドンチャックに「コンビニいてくる」と言わせたのが
流行ったとか何とかいうネタをパロッたもの。

よく分からないので、ネット上に出ている詳細な解説を
探してみました↓

ふたば☆ちゃんねるでのドン・チャック

<引用開始>

AT-Xやテレ玉での再放送があってか、
2006年春頃から画像掲示板ふたば☆ちゃんねるの
「テレビ板」において「コンビニいてくる」のコメントを付けた
ドン・チャックが走りながら後ろを振り向いている画像が
頻繁に使われ一部の住民の間で人気を博す。

<引用終了>


だそうです。
  1. 2012/06/26(火)|
  2. ├ Fan Road Mad(ローカルキャラ編)