【イラスト】無謀な企て筆(ダリえもん&まぐりっ太シリーズ)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12369250447.html
2018年4月18日

《転載開始》

ダリえもんとマグリっ太 2017-2018-4-3 - 修正版.jpg
「無謀な企て筆」で無謀な企てを試みたために最悪の事態を招いてしまったのび太くん
画材:製図ペン・アクリル絵具・ケントボード(A4)
制作期間:2017~2018年4月3日(修正:4月26日)
発案:1990年代


◎無謀な企て筆◎
空中に思い通りのものを描き出す事ができる筆。
また、描かれたものもその機能を有している。
たとえば、描かれたものが“生物”なのであれば、
生命を宿すことができる。
なので、取り扱いには極めて厳重に注意を要する。
製造:マグリット社


やっとこの作品を上げられました。

20年以上前からずっと思い続けていた事の一つを形にしました。

「ドラえもんの道具によって引き起こされた現象」と
「マグリットの作品内容」が何だか似ているぞ、

という思いです。

元ネタはこちらです↓

La tentative de l'impossible 1928.jpg
無謀な企て(1928年)
La tentative de l'impossible

La tentative de l'impossible (1928) de René Magritte - France Culture

今から丁度20年前に制作した個人誌に、
その思いを簡単なイラストで綴っております。

マグリえもん 1998.jpg

ところが、同様の主張を私以外で唱えている人を全く見ません。
せいぜい、タイムトンネルの内壁の柄と、
ダリの「記憶の固執」の時計の形が似ている、
という意見くらいです。

そういった諸々の話は、こちらの記事に書いております↓

【漫画】ドラえもん のび太のセーラー服
2017年11月28日

20年以上も前から訴え続けていても
(訴える場所自体もまともに無かったし)
全く反応も何も無い。

そこで、ちゃんとした絵画という形にすれば、
説得力が出るだろうと思ったのが、本作の目的です。

「もっと早くから思いついていれば良かった」
というべきなのかどうかは、よく分かりません。

少なくとも、20年前に、簡単なイラストにしているわけですから。
「ちゃんとした絵にしたい」という意識はあったと思います。

当時は、ADHDの症状が強く出ており、集中力が無くて、
形にしたくても中々できない悩みがありました。

アイデアが出すぎて何から手を付けるべきか分からず混乱し、
結局何もできない、中途半端(未完)で終わる、という感じ。
とにかく、上手くまとめる事ができない。

今は、症状が大分和らいできたという事もあり、
「とにかく完成まで頑張ろう!!」という姿勢で制作していますので、
色々と何とか形にできています。




「ダリえもん&まぐりっ太」というサブタイトル、シリーズ名ですが、
20年前に「マグリえもん」という言葉を考えたものの、
余りにも語呂が悪く、常々名称を変更しようと思っていました。

このシリーズの続編は幾つか考えてあるのですが、その中の一つに、
サルバドール・ダリの「海の皮膚」をネタにしたアイデアもあります。
(ネタバレ失礼)

なので、マグリットだけでなく、ダリもカバーしているという意味で、
このサブタイにしました。




森美術館の「ドラえもん展」を見たという知り合いの画家桜井貴氏より、
この本を見せて貰いました↓

ドラえもん Art! Special.jpg

「ドラえもん展」を記念して、
ドラえもんをはじめとした藤子・F・不二雄先生の作品の中で、
アートにちなんだものを集めた作品集ですが、
なんと、私の主張を裏付ける?作品を幾つか見つけました。


本物クレヨン.jpg
画材が油彩とクレヨン、支持体が空中と紙、
という違いはあるものの、
「本物クレヨン」「無謀な企て」は設定がちょっと似ている?

「クマのプー太郎」(中川いさみ)に
「空中に左官する」左官屋さんは出てきましたが。


つづきスプレー.jpg
けしきカッター.jpg
「つづきスプレー」「けしきカッター」
「人間の条件」にちょっと似ている?


La condition humaine 1933.jpg
人間の条件(1933年)
La condition humaine

The Human Condition (Magritte) - Wikipedia

「似た様なネタがあるのではないか?」
という私の長年の疑念が解決した瞬間でした。




実は、「無謀な企て筆」制作の後押しをしてくれたのは、
「ド×え×ん展」という企画でした。

本家の「ドラえもん展」に対抗するという、
死体画家として高名な笹山直規氏の発案ですが、
その企画に、前述の桜井氏が私を誘ってきたわけです。

対抗といっても、発表媒体はブログなんですけど、
それでも嬉しいに違いありません。

「美術闇市」に掲載されておりますので、
その他の作家の作品もご覧あれ!!

ド×え×ん展 : 美術闇市 Art Black Market

ちなみにその笹山氏なんですが、
つい先日まで大阪で個展「SOMEBODY」(AIDA Gallery)
を開いていたので行って参りました。


Sasayama_1.jpg
Sasayama_2.jpg

アメリカに飛んでいってしまうそうで、何だか寂しい気はしますが、
彼の気骨ある発言は、今時珍しいと思わせるものがあり、
こういう人は貴重だなと思いました。


樹海のひみつ展.jpg
実は、笹山展鑑賞の前に「大阪のアキバ」こと、
日本橋にあるアングラなスペース、モモモグラで、
「樹海のひみつ展」(モモモグラ)という写真展を鑑賞。

奇遇にも「樹海」というのからお察しの通り、笹山的要素のある展示でした。
入場無料でしたが、いうまでもなく年齢制限アリでした。

如何にも、夏休みの小学生のための企画みたいなポスターなんですけどね。
アングラ雑誌「GON!」を思い出します。

AIDAギャラリーでは毎週土曜日カレーパーティが行われていたそうで、
(笹山展の期間中だけ?)私もご馳走になりましたが、
関西方面に来た時は必ず立ち寄る武庫之荘の居酒屋に行く為途中で離脱。

十三駅構内で手塚治虫生誕90周年の巨大ポスターを発見!!

手塚治虫90周年_1.jpg
手塚治虫90周年_2.jpg

そんなわけで、続編はいつ手掛けられるのか不明ではありますが、
何とか形に出来れば良いなとは思っております。


《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2018/04/18(水)|
  2. └ 贋子不治雄劇場(藤子不二雄ネタ)

【漫画】ドラえもん のび太のセーラー服

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12331980960.html
2017年11月27日

《転載開始》

ドラえもん のび太のセーラー服(加筆修正版)2017-11-28-12-4.jpg
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
完成:2017年11月28日


《1コマ目》
のび太: ドラえも~ん…

《2コマ目》
のび太: なんかこの服 おへそが見えちゃって
なんだか 恥ずかしいよォ~!!

《3コマ目》
のび太: だって ふつう へそだしって 女の子がやるもんでしょ?
ドラえもん: 男はこう 女はこうという言い方は やめといた方がいいよ
メンドくさいのが絡んでくるから ネットでよく見かけるでしょ

《4コマ目》
ドラえもん: それよりキミは そのへそチラセーラー服で
全世界のショタスキーたちのハートを わしづかみにするんだっ!!

《5コマ目》
のび太: イヤだよう 特殊な趣味の人たちに
性的に目差されたくないよォ~!!
まなざし村のみんなァ たすけてェ~!!

《6コマ目》
のび太: …あっ そういえばさァ ドラえもんってば
セーラー服着たことあるよね?
たしか 神戸のご当地ドラだっけ? また着てみてヨ!
ドラえもん: そうだっけ?

《7コマ目》
ドラえもん: 着てきたヨ
のび太:そうそう コレコレ!

《8コマ目》
ドラえもん: うわっ のび太くんのエッチ!!
のび太: ボクだけじゃ心細いから ドラえもんもおなかだしてヨ
シャツをペロッとめくってひみつ道具を出すの なんかよくない?
ドラえもん: よくないッ!!






久々の漫画です。
ずっとイラスト制作ばかりやっていたので、、意外と完成にてこずりました。
やはり、絵は描き続けないと、腕がなまる危険性があるかもです。

北欧旅行後の謎の画力向上や、
イラスト制作を一通りやった後の漫画制作ですが、
やはりそれ以前に比べたら、漫画の方の画力も多少上がったかも?です。
それ以前は、何となく素人臭い下手な感じの漫画を描いていました。
この調子で頑張って参りたいと思います。






ところで、今回のパロディの元ネタですが、
来年(2018年)公開予定の、

『映画ドラえもん のび太の宝島』
です。

広告とか予告編を見てみると、のび太がやたらと腹チラしていて、
「うわあ、そういう方向性で行くのか?」
と思ったのが切っ掛けです。
「えっ、しずかちゃんじゃないの?」
という。


takarajima.jpg

10数年前から、
所謂“藤子系ショタ”なるジャンルの存在は知っていましたが、
まさか、公式のところでやるとはね、という。
(否、私が勝手にそう妄想しているだけですが)


それと、ご当地ドラえもんで、
セーラー服のがあるのを事前に知っていたので、
それに引っ掛けてみたのです。

セーラー - どこでもドラえもん<近畿>
画像の無断転載禁止だそうなので、リンクするに留めます。
「ご当地ドラえもん 神戸」「ドラえもん セーラー服」
などで検索すると、色々関連情報が出てきます。

いやあ、でも、こんな漫画描いて良いのかな?と一瞬躊躇はしましたが、
丁度タイムリーな事に、

『THE ドラえもん展 TOKYO 2017』
が開催されております。
これくらいは全然大丈夫と思います。






それから、私が今までに描いた、
ドラえもんのパロディ画を振り返って見てみようと思います。


ストリート系ドラえもん_1.jpg
ストリート系ドラえもん_2.jpg
「ストリート系ドラえもん」
画材:ペン・らくがき帖(無地 B5)
制作:2002年11月15日、17日

何か、凄い口が悪い文章でごめんなさい。
当時は今よりも尖がっていたので、今見ると凄い恥ずかしいです。
多目に見てくださいまし。
名古屋の人にも怒られそうです。ごめんなさい。
当時は、出てくるアイデアを紙にどんどん書き付けていました。
本作は、その中の一つです。

自分で言うのもなんですが、まさか後にこの通りになってしまうとは…。
登場人物の服装が今風になったのは、この5年後の2007年なんですけど、
1枚目に書いた通り、やはりブーイングの声が上がりましたよね。


ストリート系ドラえもん_3.jpg
「ドラえもん」のび太たちがストリート系に | もあれアイニージュー

私のイメージでは、「藤子不二雄=昭和」なんですよね。
服装が昭和時代のものですからね。
だから、あくまで「シャレ」のつもりでこのドローイングを描きました。

ちなみに、こんなスピンオフのイラストも過去に描いています↓


今風パーマン 2011-6-19.jpg
「今風パーマン」
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
完成:2011年6月19日

1980年代を語る(極私的妄想的回想録)前半
2011年6月22日

新しく登場したものって、大抵反発されるものですよ。
でも、それが有意義なものであれば、
徐々に受け入れられて行くと思いますが、
そうでない場合は、いつまで経っても違和感を感じ続けます。

例えば「いらっしゃいませこんにちは」には、今だに慣れない。
多分、一生慣れない。
もし私がコンビニの店員か何かになったとしても、
頑なにそのセリフを言うのを拒絶します。

実はこれ以前の1990年代に「モジャ公」がアニメ化された時、
登場人物の服装が今風になってましたけど、
それ以前に、脇役自体がオリジナルのものとはかけ離れていましたよね。






マグリえもん.jpg
「マグリえもん大百科」
画材:製図ペン・コピー用紙(B5)
制作:1999年

個人誌「とくがくいちねんせい」の巻末にオマケで描いたもの。
ルネ・マグリット(René Magritte)やサルバドール・ダリ(Salvador Dalí)
などの具象系シュルレアリスム絵画の世界と、
ドラえもんのひみつ道具によって起こされる現象が、
何だか似ていると思ったから。
「マグリえもん=マグリット+ドラえもん」
「四次元ポケット」ならぬ「四次元筆」

しかし、この私と同じ考えを
他の人も指摘しているのを全く見た事がありません。
何だか納得行かないんですけど。

藤子不二雄でマグリットに心酔しているのは、
むしろAさんの方なんですね。
作中にさりげなくマグリットの作品を描き入れていたりします。
また、せいぜいシュルレアリスムとドラえもんとの関連といっても、
ダリの「記憶の固執」のぐんにゃりした時計と、
タイムトンネルの壁に出ている時計の柄が似ている事を指摘する意見くらい。

それはともかく、描かれている内容の説明と行きます。


○海手袋(水手袋)
海の表面をめくれる手袋
「ダリえもん」の持ち物
元ネタ↓

dali.jpg
海の皮膚を引きあげるヘラクレスが
クピドをめざめさせようとするヴィーナスにもう少し待って欲しいと頼む(1963年)
Hercules ascenseurs la peau de la mer et arrête venus pour un immédiate waking amour

所蔵品検索:作品検索 - 長崎県美術館

○水クリタフォーク、水クリタナイフ
確か、1979年頃の水クリタ(栗田工業)のCMで、
海にナイフで四角く切り込みを入れ、その四角く切ったところにフォークを差し、
引き上げると、立方体の形に海が引き上げられるという
トリック映像がありました。
まだ3DCGが無かった時代なのに凄いと思いました。
しかし、YouTubeで検索しても見つけられませんでした。


○宇宙暴露カッター
空気を切るカッター
「空気ブロック製造機」の姉妹品
元ネタ↓

L'univers démasqué.jpg
暴露された宇宙(1932年)
L'univers démasqué

René Magritte, The Universe Unmasked | Flickr

○人間の条件キャンバス
気に入った風景の前でボタンを押すと、
その風景がキャンバスに写し取られる。
元ネタ↓

René_Magritte_The_Human_Condition.jpg
人間の条件(1933年)
La condition humaine

The Human Condition (Magritte) - Wikipedia

○結婚した司祭マスク
これを付けられたものに生命が宿る、外すと元に戻る。
元ネタ↓

le prêtre marié.jpg
結婚した司祭(1961年)
Le prêtre marié

Pinterest

○複製禁止鏡
自分の後姿が写る便利な鏡
元ネタ↓

La reproduction interdite.jpg
複製禁止(1937年)
La reproduction interdite

Surreal Encounters: Collecting the Marvellous - Art Fund

○ヘラクレスブリッジ
これを橋の袂に置くと、橋の半分が消える。
追いかけられた時に便利。
元ネタ↓

Le pont d'Heraclite.jpg
ヘラクレスの橋(1935年)
Le Pont D'heraclite

Artwork by René Magritte - Le pont d'Heraclite, | Artstack - art online

○無謀企画筆
空中に思い通りのものを描き出す事ができる筆。
また、描き出されたもの自体も、ちゃんとその機能を持っている。
例えば自動車の場合、ちゃんと走行する事ができる。
元ネタ↓

La tentative de l'impossible.jpg
無謀な企て(1928年)
La tentative de l'impossible

La tentative de l'impossible (1928) de René Magritte - France Culture

○危険な関係ガラス
ガラス越しに見えるものが、
向いている方向とは逆に向いている様に見えるガラス。
元ネタ↓

Les Liaisons dangereuses.jpg
危険な関係(1935年)
Les Liaisons dangereuses

Pinterest

○発見薬
これを飲むと、体に木目が現れる。
元ネタ↓

La Découverte.jpg
発見(1927年)
La Découverte

Pinterest

○モザイク消しゴム
モザイクなどで修正されている映像の修正を消すことが出来る消しゴム。
実はこのネタ、人から聞いたもので、私のオリジナルではありません。






MAGDORA Art Fighters 2009-3-26.jpg
マグドラ・アートファイターズ(MAGDORA ART FIGHTERS)
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
制作:2009年3月26日

マグドラ・アートファイターズ(Medved Bojan+Doraemon+Magritte)
2009年3月26日

格ゲー風のこの漫画も、
前出の「無謀な企て」が元ネタの一つとなっており、
「マグリえもん」と同様に、
マグリットとドラえもんの近似性を感じたことから生まれたもの。

描いたものが実体化する絵筆って、
ドラえもんの道具にありそうですもんね。

この作品には更に、

「くまのボヤン」(Medved Bojan)
というスロヴェニアのアニメも絡めています。

というのも、描いたものが実体化する絵筆を持った
熊の子が主人公として活躍するからです。




Medved Bojan_1.jpg

Medved Bojan_2.JPG

基本設定が、「無謀な企て」そのまんまですもん。
でも、この手のアイデアを
漫画とかアニメに利用しない手は無いと思います。

というわけで、長々と失礼いたしました。
私の過去のドラえもんネタはまだまだあるのですが、
ドラえもん展に触発されて絵を描こうと思っているので、
その発表の時にでも残りの作品をご紹介します。


【追記】
画像更新
8コマ目のドラえもんの頬を赤くした(2017/12/4)


《転載終了》
  1. 2017/11/28(火)|
  2. └ 贋子不治雄劇場(藤子不二雄ネタ)

今風パーマン

今風パーマン 2011.6.19

画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
制作:2011年6月19日


レイヤード、ハーフパンツ、スニーカーソックス、腰パン…。
人がどういう服装をしようが全然OKなのですけど、
私自身は、こういった今風の服装をしたくないです。
別にオッサンというのではなく、
単に変わり者という事なのかも知れません。

別に、競馬、麻雀、居酒屋、キャバクラ等といった、
オッサンが好きそうなものには全く興味無いですし。

それにしても、自分と趣味趣向が合わない人を、
何でもかんでも「おっさん」とかいう人って何なの?
若者らしさ→同調圧力に屈して自分の意見を持たない者
って事ですか?

まあそれはともかく、今でも、“今風のドラえもん”の絵を、
本家が出す前に、
(※アニメ版ののび太やスネ夫、ジャイアン、
しずかちゃん等が、今風の服装になった件)
ネット上に出しておけば良かったと、
以前はかなり悔やんでいましたけど。

著作権の事を配慮し過ぎて後悔した件は、
例えば“ルイヴィトンパロディシリーズ”もあります。
著作権の事で気を揉んでいたために、積極的に作れなかったので、
後から作った人に出し抜かれてしまったのです。
ミヅマさんの「大丈夫だって」という言葉を、
信じていれば良かった。

が、今では引きずらない様にはしています。
ネタはたんまりありますし、これからが大事ですから。

革靴足袋”を他人に勝手に作られてしまった件は、
私がネット上で何年も前に出しているのですけど、
恐らく、知らないで作ったのかも知れませんし、
私は権利の事で煩い事は言いませんし、
逆にこういうのを愉しんでおりますんで。

しんみりした文章ですいません。

それにしても、やっぱ藤子不二雄のキャラクターは、
昭和時代の服装がお似合いと思ってしまいます。
藤子不二雄のキャラクターを見た今時の子どもたちは、
昭和時代の服装をしている事に対して、
「古臭い格好だな」とは思わないのでしょうか?
  1. 2013/03/16(土)|
  2. └ 贋子不治雄劇場(藤子不二雄ネタ)

ニセコ星人あらわる!!

ニセコ星人あらわる!!

画材:製図ペン・水彩絵具・ケント紙
作成:1998年


個人誌『とくがくいちねんせい』創刊号(1999年1月)
の漫画の章の扉絵用に制作。
要するに、勝手に藤子不二雄の漫画をデッチ上げようという試み。
私なりの、藤子不二雄への敬愛表現。

自分でも、余り洗練されていないと思いますが、
1970年代頃の、不遇時代に描かれた余り知られていない
マイナー藤子漫画っぽい感じは多少するかも?

背景のセピア色の人物や建物は、
昭和20~30年代頃をイメージしました。
トキワ荘の面々をイメージして描きましたが、
手本の類は一切見ずに、適当に描きました。

人物に特定のモデルはいません。
高校生位の時に『オヤジシリーズ』という、
いるいるネタおっさんバージョンを描いていましたが、
そういうノリで描きました。
ロイド眼鏡とか、ボンタンがお気に入りです。
  1. 2012/11/15(木)|
  2. └ 贋子不治雄劇場(藤子不二雄ネタ)

絵の下手な人が描いたドラえもんを丁寧に描く試み

絵の下手な人が描いたドラえもんを丁寧に描く試み 2006.8.14

画材:製図ペン・無地のレポート用紙
作成:2006年8月14日


素朴に思っていた疑問ですけど、
何故、絵の下手な人がドラえもんを描くと、
大抵、水色と白の境界線上ではなくて、
その内側の白い部分に目が来るのか?


斯く言う私も、子供の頃、
この手の『絵の下手な人が描くドラ』を描いた記憶があります。

理由を考察してみましたが、恐らく、単純に、
感覚が分からなかっただけなんでしょう。
「あれッ?何でこうなるの?」という感じなんですよ。
で、よーく見てみると「あー何だ、そういうわけか!!」
となるわけです。

ついでに、
ドラミちゃんの目を、
黄色と白の境界線上に描いたらどうなるか?

の実験も行いました。
あんまり可愛くないですね。
ドラミちゃんの場合は、目の位置を境界線上に描いては
いけないわけです!!
さすがは藤本さんだ!!
  1. 2012/06/14(木)|
  2. └ 贋子不治雄劇場(藤子不二雄ネタ)
次のページ