FC2ブログ

【イラスト】䭾 (ばぬ) - 幻獣シリーズと、未完の過去絵

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12413201474.html
2018年10月20日

《転載開始》

䭾 2018-10-17.jpg
䭾(ばぬ)
ドース ( Dorse = Dog + Horse )
画材:アクリル絵具・ケントボード(B4)
完成:2018年10月17日


1~3年ほど前、「いそうでいない生物」の一つとして、
犬と馬の中間の様な動物をデザインしたいと思っていたのですが、
中々しっくり行くデザインが出てこなくて、結局没にしていました。

来年にはグループ展を予定しているという事もあり、
キャンバスに描く絵画の方にも力を入れているので、
今年はブログ用に出すイラストのペースが減っている気がします。

なので、一つでも多く作品を作りたいという思いと、
犬と馬の中間生物をデザインしたいという
一時挫折していた思いの達成を目論んで、本作を制作しました。

結局は、非現実的生物(幻獣)要素が盛り込まれてしまったわけですけど。

背景も、岩石なので色はいいかなと思ったんですが、
こうして見ると、モノクロっぽく見えますね。
コレはコレでまあいいかな(妥協?)。

それはともかく、キャンバスの方の絵と、イラストの方と、
両輪を上手い具合に進められれば、と思います。

さて、この幻獣の名前「䭾」(ばぬ)についてですが、
例によって、元々あった文字に勝手な読みを与えています。

てか、ダメ元で「馬偏に犬」の字があるのかどうか検索してみた所、
本当にあって驚きました。

意味を説明しているサイトがあまり無いのですが、
ウィクショナリーというサイトによると、
「馱」(馬偏に大)の異体字で(こんな漢字もあったんだ)、
「のせる」を意味するそうです。
音読みは「だ」「だい」(呉音)「た」「たい」(漢音)。

䭾 - Wiktionary

英語の名前も考えていて、 Dog と Horse を組み合わせて、
Dorse (ドース) と名付けました。
この言葉、他で使って無いよね(敢えて検索しない)?


水木しげる風オリジナル妖怪絵第1号_1.jpg
水木しげる風オリジナル妖怪絵第1号_2.jpg
オリジナル妖怪絵第1号(仮称)
画材:鉛筆・ケントボード(B2)
制作:2001年(未完)


オリジナルにこだわる所は子どもの頃からあったと思います。
と同時にパロディも好きでした。

私は、画風的にはあまりオリジナリティが出ていないと
自覚しているのですが(藤子不二雄の傍系という意識)、
だからこそパロディものを割りと多く手掛けたりするわけで。

でも内容に関しては、オリジナリティに強くこだわり、
パクりはプライドが許さないので絶対したくない考えです。

何だか矛盾している様に聞こえるかも知れませんが、
パロディはするけどパクりはしないという。

以前は、人とネタが被る事を凄く嫌がっていました。
実際に、某氏と内容が偶然被る事が多かったです。

でも今では、割と大らかな心を持つ事が出来る様になり、
一々人とネタ被りしているかどうか調べるとかしないし、
もし被っていたとしても、ネタとして楽しむ感じです。

話を元に戻しますが、
水木しげるの妖怪絵のパロディを描くのが本作の目的でした。

見るからに水木しげるの妖怪絵ですけど、
描かれている妖怪は私の創作したオリジナルという。

所が、技術的問題や集中力の続かなさ(ADHDと思われる)、
絵描きとしての調子の悪さ
(思い通りに描けない、完成した状態をざっくりとでも想像できない)
などの理由により、鉛筆による下書きのまま未完成です。

当時は、未完成のまま放置した作品が山の様にありましたね。
形にすらできず頭の中にしまったままのネタも。

最近この絵を部屋で発見したので、妖怪好きの方に見せた所、
「完成させないのですか?」と言われました(当然ですよね)。

完成させたい所ですが、何年も放置していたせいか、
茶色のシミ(古本とかによく出てくるポツポツ)が幾つか発生しているので、
どうしようか思案中です(サイズも大きいですし)。


スーラの点描法によるウイルス.jpg
スーラの点描画法によるウイルス(仮称)
画材:アクリル絵具・ケントボード(B2)
制作:2000年前後(破棄)


当時は、思いつきレベルのものも含め、
やたらとアイデアが浮かんできていました。
(今もそうですが)

その割には、集中力が続かなくて大半が未完成。
未完成が多かった理由には、集中力の続かなさの他にも、
アクリル絵具用として売られている筆の穂先が直ぐに反ってしまって
使い物にならなくなるからというのもありました。
これには制作意欲がかなり削がれました。

アクリル絵具用として書道や日本画用の筆は長く使えるのですが、
もっと早くからそれが分かっていたら、
もっと描けていたかも知れないと思っています。

本作は実にくだらない作品ですが、未完の理由としては、
電子顕微鏡写真に写し出されるウイルスの影の付き方を
きちんと把握せずに描いてしまったためです。

実際に電子顕微鏡の画像をご覧になれば分かりますが、
ウイルスの中心部は暗く写り、
輪郭に近くなるに従って明るくなります。

描いている途中でその事が分かったのですが、
何分点描法ですから、描き直しにはえらく時間と忍耐が必要なわけで、
集中力の続かなかった当時の私には、描き直すのは酷でした。

またこの作品は、最近破棄しました。
内容のくだらなさの他に、
古い作品なので茶色のシミが幾つも発生していました。
なので、この作品は今はもう存在しません。

勿体無い気もするんですけど、
最近は割と踏ん切り付く様になりました。

要領の恐ろしく悪かった子どもの頃や若い頃は、
何でも取って置いて家族を困らせていましたねェ。

そんなわけで、来年の展覧会に向けて頑張りたいと思います!!
(ブログ用のイラストの方も)


《転載終了》
スポンサーサイト
  1. 2018/10/20(土)|
  2. └ 改造動物

【旅行】郡上八幡の旅 凌霜隊の史跡その他を巡る 後編

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12411376720.html
2018年10月12日

《転載開始》

8月に訪問した郡上八幡の訪問記の後編に参ります。

【旅行】郡上八幡の旅 凌霜隊の史跡その他を巡る 前編
2018年8月30日

8月22日
郡上八幡_22.JPG
まずは、
郡上八幡博覧館という、郷土民俗歴史資料館を訪問。


郡上八幡_23.JPG
ご当地もの好きという事もあり、同館で、
「郡上八幡の湧水」「郡上八幡天然水サイダー」購入。


郡上八幡_24.JPG
いよいよ郡上八幡城を目指して登ります。
その麓の公園にあった、山内一豊と妻の像

すぐ近くに、岐阜国体記念碑もあるのだが、
木陰に隠れていて目立たない(撮影しませんでした)。


郡上八幡_25.JPG
やっと着ました郡上八幡城!!

郡上八幡_26.JPG
郡上八幡_27.JPG
およし塚は、郡上八幡城改修工事の際、人柱となった、
神路村の娘“およし”を偲んで建立された石碑。


郡上八幡_28.JPG
力石は、寛文七年(1667年)、
城主遠藤常友が城を修理するため、
領内から多数の人夫を集めた時、
その中の一人である大和町の作兵衛が、
城下の河原から背負ってこの地まで運び上げたという。


郡上八幡_29.JPG
奥の院だそうですが。

郡上八幡_30.JPG
城の最上階から町並みを望む。

郡上八幡_31.JPG
郡上八幡_32.JPG
やっと出会えた凌霜隊略記の碑

郡上八幡_33.JPG
郡上八幡城の麓にある遠郷山安養寺ですが、画像に取らなかったものの、
この画像を撮影している立ち位置から向かって右側に宝物殿があります。
小さな美術館ですが、書画の他にも、
昔の有力者の書状や生活道具等もあり、
見応えあります。


郡上八幡_34.JPG
小川に沿った遊歩道いがわ小径ですが、水の都ならではの、
こういった小道が郡上八幡の町にあります。


郡上八幡_35.JPG
郡上八幡_36.JPG
郡上八幡_37.JPG
鐘山慈恩禅寺の庭園の美しさは美事なものですが、
個人的に特に気になったのは、シャケの切り身の様な置物(失礼)。

恐らく枯死した大木の輪切りなのかも知れませんが、
現代美術のオブジェの様な面持ちを何となく感じます。
確か、コレは2つあったと思います。

私がここを訪問したのは、凌霜隊隊士の収監された
赤谷揚り屋跡の記念プレートを見ようと思ったからですが、
うっかり忘れてしまいました。


郡上八幡_38.JPG
時間に余裕が出来たので、おもだか家民芸館を訪問するも、
どうも休みのようでした。
不定休だそうですが、前日に行けば良かったと後悔。


郡上八幡_39.JPG
郡上八幡_40.JPG
郡上八幡_45.JPG
郡上八幡の町中で見つけたユニークなもの。
流しそうめん台ですが、夏場のみ設置されるらしい。
(郡上八幡公報大使?およしちゃんのTwitter情報)


郡上八幡_41.JPG
郡上八幡民芸美術館は、残念ながら現在は閉鎖されています。

郡上八幡_42.JPG
郡上八幡駅の店で飲んだ地ビール。
郡上八幡麦酒こぼこぼだそうです。
酒蔵は、前回ご紹介した「心の森ミュージアム遊童館」
の入口から向かって右を歩いて直ぐです。
試飲もできるのですが、
曜日や時間帯が限られているため、諦めました。


8月23日
郡上八幡_43.JPG
郡上八幡_44.JPG
電車の時刻表を予め確かめ、
早めの時間に郡上八幡を後にしました。
この電車を乗り過ごしてしまうと、結構遅くなるので。

さらば、愛しの郡上八幡よ!!

また行くかもね!!


《転載終了》
  1. 2018/10/12(金)|
  2. └ 旅行記

【漫画】ようこそ、クービンランドへ!!(絵随筆その10)

https://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-12407418993.html
2018年9月27日

《転載開始》

絵随筆第10回(2018-9-27)修正版.jpg
Wellcome to KUBIN LAND!!
画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)
制作:2018年9月26~27日(修正:9月29日)
原案:2017年9月


《1コマ目》
ナレーション: 友人のアルフレートくんから 久々に手紙がきた
クービン: やあ聰 調子はどうだい? ボクは今 自殺衝動と戦ってるよ
所でボク 遊園地を開業したんだ


《2コマ目》
クービン: やあ よくきてくれたね


《3コマ目》
クービン: オバケ屋敷だよ


《4コマ目》
大塚聰: わっ!!
オバケ1: ケケケケ
オバケ2: ダメだこりゃ(いかりや長介の声)


《5コマ目》
クービン: 動物園もあるよ
大塚聰: あのトラヘビ ちょっと元気ないね
ナレーション: グッズにしたらいいよね 特にアシナガペンギン


《6コマ目》
クービン: 仮面ライダーショーもやってるよ
大塚聰: おいおいあの敵怪人 マズくないか?
怪人: おのれー ライダー!!


《7コマ目》
大塚聰: わ~っ!!
ナレーション: お一人様立ち乗りジェットコースター


《8コマ目》
クービン: どうだい 愉しんでくれたかい?
大塚聰: いやあ 肩とヘソが出るくらい愉しかった
でもオーストリアは そんなちょくちょく これないけどね


(了)

久々の漫画です。
最近、画力の向上を目指してイラストばかり描いていて、
漫画が描けていないですが、ネタそのものはタップリあります。

9年も前なんですが、
アルフレート・クービンという幻想画家を紹介しました。

アルフレート・クービン(Alfred Kubin)オーストリアの表現主義・幻想画家
2009年10月20日
アルフレート・クービン(Alfred Kubin)オーストリアの表現主義・幻想画家(2)
2009年10月22日

シュルレアリスムを先取りした作風が魅力的ですし、
小説を書いた事でも知られていますが、
意外にも注目する人が思ったよりいない。

その後、クービンの事はずっと意識せずにいたのですが、
昨年に、兵庫県立美術館で「怖い絵」展を観た時、
クービンの作品が出ていないのを不思議に思ったことで、
久々にクービンに意識が向きました。

怖い絵展を鑑賞した時の様子はこちらの記事をご覧下さい↓

兵庫県の美術巡り オーケストラ・ナデージダ、エクセルシスの演奏会情報(2017年)
2017年9月15日

すると、更に魅力的な作品がある事を知り、
それらをブログで取り上げようと思っていました。

最近、ほんの数日間ですが、アクセス解析を見たところ、
9年も前に書いたクービン紹介記事に
沢山のアクセスがあるのに気付きました。

恐らく、どこかのサイトで誰かがリンクを貼ったのだろうと思いますが、
よく分かりませんでした。

クービンをネタにした漫画のアイデアが浮かんだので、
それを出しながら紹介しようと思いました。
以下は、漫画の元ネタです。


kubin_Die Sammlung Leopold.jpg
レオポルト・コレクション(Die Sammlung Leopold)
古書古本 Totodo:Alfred Kubin: DIE SAMMLUNG LEOPOLD/THE THE LEOPOLD COLLECTION

Ins Unbekannte, 1900-1901.jpg
未知へ(1900-1901年)
Ins Unbekannte

地獄的な非現実感に侵食されるAlfred Kubinの「怖い絵」 | BUZZAP!

Insekt vom Mond, 1910.jpg
月からきた昆虫(1910年)
Insekt vom Mond

Alfred Kubin Insekt vom Mond, 1910 - Ketterer Kunst

Das Grausen, 1902.jpg
恐怖(1902年)
Das Grausen

Die Angst als Kapital (Alfred Kubin) | Kunst | Essays im Austria-Forum

Eindringlinge, 1914.jpg
侵入者たち(1914年)
Eindringlinge

Alfred Kubin, Eindringlinge, 1914 – Art & criticism by eric wayne

Die Stunde der Geburt, 1902.jpg
誕生の時(1901-1902年)
Die Stunde der Geburt

Catmota — The Moment of Birth (1902) Alfred Kubin

Die grosse Boa, 1903.jpg
大きなボア(1903年)
Die grosse Boa

The large boa by Alfred Kubin - Curiator

jede-nacht-besucht-uns-ein-traum-1900.jpg
毎晩夢が我らを訪れる(1900-1903年)
Jede Nacht besucht uns ein Traum

Jede nacht besucht uns ein traum by Alfred Kubin – Tessera Guild

Der Mensch, 1902.jpg
人間(1902年)
Der Mensch

DmochowskiGallery.net - galeria - Jeden z prekursorów: Alfred Kubin

それにしても、クービンのこの想像力、凄いです。
私は、1994年から「いそうでいない動物」を描こうと四苦八苦しておりますが、
そういうデザインを易々とやっている気がします。

アシナガペンギンは、Twitterで紹介なさっている方がいて、
いいねやリツイートがかなり付いております。

若冲やブリューゲルのキャラがグッズになったりしているので、
アシナガペンギンとか、グッズにしたら良いと思います。

ちなみに、たった今検索で知ったのですが、
アシナガペンギンというキャラクターが、クービンとは別に出ておりました。
(検索してご覧下さい)

仮面ライダーの敵怪人とか、
デビルマンに出てくる悪魔(シレーヌとか)にいそうな女性キャラも凄いです。
けっこう仮面に近いかな?
いずれにしても、永井豪っぽい。

お一人様立ち乗りジェットコースターのこのアイデアも、
一体どこからって感じで、ただただ驚愕しております。

その他、目が6つもある宇宙人の様な絵も描いているし、
妖怪っぽい絵も描いており、私はクービンを、
オーストリアの妖怪絵師とも呼んでいます。
(水木しげるに影響を与えた、と呟いてらっしゃる方もいますが)

クービンの顔は、藤子不二雄A先生風に描きました。
髪の色はよく分からなかったので、適当にこげ茶にしました。

クービン、ブレイクするといいですね!!


《転載終了》
  1. 2018/09/28(金)|
  2. 絵随筆
次のページ